BT

InfoQ ホームページ Eclipse に関するすべてのコンテンツ

  • Theia Framework 1.0でWeb IDEを利用可能に

    TheiaはJavaScriptで多言語IDEを構築するためのフレームワークであり、GitPod.io、Arduinoの新しいPro IDE、およびArmの新しいmBed Studioを強化する。 今週初めに1.0をリリースし、安定に達し、ベンダー中立のオープンソースフレームワークが使用できるようになったことを示している。 Eclipse Theiaが提供するもの、およびVS Codeとの違いについて詳しく読んでください。

  • AdoptOpenJDK は Eclipse Adoptium になる

    AdoptOpenJDKプロジェクトは、オープンソース財団への移行の一環として、Eclipse AdoptiumとしてEclipseの傘下に入ることになった。ベンダー中立なオープンソース財団がAdoptOpenJDKプロジェクトを管理することは、将来に向けての強力な基盤となる。実用的な観点から何を意味するのか、また、この移行がどのように展開されるのかについては、続きをお読みください。

  • 開発者調査を調査する - Javaに関する結果を中心に

    JRebelとSynkは先頃、Java/JVMテクノロジレポートを公開した。CodingameとTiobeは、言語の使用と採用に関するレポートを発表している。これら報告書の現状と、Javaを含むエコシステムで現在何が起きているのかを調査した。

  • Eclipseが脆弱性評価ツールを提案

    Eclipse Foundationでは、既知のセキュリティ問題を持つライブラリの識別を支援する、脆弱性評価ツールを取り入れる提案を評価中である。これによって開発者は、自身の開発中の技術が脆弱なコンポーネントを使うことによってダウンストリームリスクに直面するアプリケーションに対して、開発者を支援することが可能になる。

  • Eclipseがクラウドネイティブアプリケーションの構築とデプロイのためのIDEに依存しない新しいツールを発表

    Eclipse CodewindはEclipse Foundationの新しい開発者中心のプロジェクトである。クラウドネイティブのアプリケーション開発に共通のタスクを迅速かつ一貫して達成する方法を提供することで開発者を支援することを目的としている。

  • EclipseとOracle、javaxパッケージ名前空間と商標の扱いに関する合意を断念

    Eclipse FoundationとOracleは、Java EEのjavaxパッケージの今後の拡張方法について、合意に達することができなかった。

  • Eclipse Foundation、Eclipse Photon IDEをリリース

    Eclipse FoundationがEclipse IDEの最新バージョンを発表した。Eclipse Photonには、Java 10とJava EE 8のサポート、PDT (PHP development tools) の改善、Dark Theme UI改善などが含まれている。

  • リリースの近づくEclipse Photon

    Eclipse Projectの17年目のリリースとなるEclipse Photonが6月にリリースされる。リリースを前にした各マイルストンでは、新機能と注目すべき機能が目白押しだ。マイルストン6(M6)には、EclipseプラットフォームやJava Development Tools(JDT)、Plug-in Development Environment(PDE)、Equinoxサブプロジェクト、さらにはJDTおよびEclipseプラットフォーム開発者向けにも注目すべき機能が提供されている。

  • HazelcastがEclipse Foundationに参加

    オープンソースのインメモリデータグリッド(IMDG)を提供するHazelcastは先日、Eclipseコミュニティの他メンバとの協業を目的としてEclipse Foundationに参加した。主な対象はJCache{JSR-107)、Eclipse MicroProfile、EE4Jである。CEOのGreg Luck氏が、今回のEclipse Foundatin参加についてInfoQに話してくれた。

  • JavaのMVC 1.0の仕様に対するパブリックレビューが公開に

    Model-View-Controller (MVC) バージョン1.0の仕様であるJSR-371のパブリックレビューが公開されている。最新機能にはデータバインディングと国際化のサポートが含まれる。MVC 1.0の完全な実装であるEclipse Ozarkのバージョン1.0のリリースがJSR-371の最終リリースとともに予定されている。Cybercom GroupのプリンシパルコンサルタントであるIvar Grimstad氏がMVC 1.0についてInfoQに話してくれた。

  • EE4Jのコードがオープンソースへの旅路へ

    エンタープライズJavaのソースコードがEclipse EE4Jプロジェクトへのオープンソース化の旅に出始めた。

  • Spring Tool Suite 3.9.1 リリース

    PivotalはSpring Tool Suite(STS)のバージョン3.9.1をリリースした。Springフレームワークでのアプリケーション開発向けのEclipseベースのIDEだ。STSはEclipse Oxygen.1aにアップデートされた。設定なしで使えるJDK 9とJUnit 5のサポートを含んでいる。

  • Eclipse MicroProfileでJavaでのマイクロサービスの採用を加速させる

    InfoQは新しいEclipse MicroProfileプロジェクトと耐障害性や他の新機能を持った新規リリースについて聞くため、IBMのEmily Jiang氏を追った。

  • Java EEの将来、David BlevinsとのQ&A: EclipseファウンデーションとEE4J、MicroProfile

    今年のJavaOneではたくさんの興味深い発表があった。エンタープライズ領域でもっとも重要なニュースはEclipseファウンデーションがJava EEの新たな管理者となるということだった。InfoQはJava EEコミュニティで長年メンバーであるDavid Blevins氏とともに座り、この移行が意味することや業界への影響、開発者が"EE4J"に参加する方法、Java EEの将来といったことについて対話した。

  • EclipseがエンタープライズJava関係者に参加呼びかけ

    Eclipseファウンデーションは開発者に参加を呼びかけている。Java EE技術開発の次の段階に手を貸してもらうためである。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。