BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Eclipse に関するすべてのコンテンツ

  • Eclipse IDE、持続可能性向上のためWorking Groupを設立

    初回リリースから17年を経たEclipse IDEが、その"持続可能性、完全性、進化、適用を継続"するために、ワーキンググループを設立した。趣意書には、資金調達の確立と推進、リリース計画の監督、同時リリースの調整、エコシステムおよびEclipse Marketplaceの成長と進展の支援、関連するオープンソースプロジェクトへのガバナンス提供、が挙げられている。

  • OSGiワーキンググループがEclipse Foundationを新しいホームに

    OSGiワーキンググループ(WG)は12月にOSGi Coreリリース8を出荷した後、現在Eclipse Foundationでインキュベーション活動を行っている。OSGi WG(以前は「OSGi Alliance」と呼ばれていた)は、昨年10月にEclipseへの移行を発表した。すでに憲章を批准し、2つの委員会と2つのワーキンググループを作成し、そのコードリポジトリを移行した。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年5月3日週

    今週のJavaニュース総まとめは、OpenJDKからのニュース、Kotlin 1.5のGAリリース、Eclipseプロジェクトのポイントリリース、Micronaut Coherence 1.0.0-M1、Quarkus-2.0.0-Alpha2、Springプロジェクトの更新、Jakarta EEとPayara Platform 2021の開発者アンケートを取り上げている。

  • Eclipse資格情報のリークがスナップショットビルドに影響

    Nexus Repository Managerのデプロイ資格情報がGitHubにリークされた。この問題は、2月中旬に脆弱性レポートが提出されたときに広く注目された。資格情報は暗号化されていたが、マスタパスワードもリークされていた。マスタパスワードはプレーンテキストでは保存されていなかったが、デコードは比較的簡単で、他の資格情報を復号化するために使用できた。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年3月22日週

    OpenJDKとより広いJavaエコシステムの先週のニュースの総まとめ。

  • OSGi AllianceがEclipse Foundationに移行

    独立財団として21年にわたって活動したOSGi Allianceが、資産をEclipse Foundationに移行し、OSGi Working Groupの下で活動を継続することを発表した。プレジデントのDan Bandera氏に、今回の行動について詳しく聞いた。

  • Theia Framework 1.0でWeb IDEを利用可能に

    TheiaはJavaScriptで多言語IDEを構築するためのフレームワークであり、GitPod.io、Arduinoの新しいPro IDE、およびArmの新しいmBed Studioを強化する。 今週初めに1.0をリリースし、安定に達し、ベンダー中立のオープンソースフレームワークが使用できるようになったことを示している。 Eclipse Theiaが提供するもの、およびVS Codeとの違いについて詳しく読んでください。

  • AdoptOpenJDK は Eclipse Adoptium になる

    AdoptOpenJDKプロジェクトは、オープンソース財団への移行の一環として、Eclipse AdoptiumとしてEclipseの傘下に入ることになった。ベンダー中立なオープンソース財団がAdoptOpenJDKプロジェクトを管理することは、将来に向けての強力な基盤となる。実用的な観点から何を意味するのか、また、この移行がどのように展開されるのかについては、続きをお読みください。

  • 開発者調査を調査する - Javaに関する結果を中心に

    JRebelとSynkは先頃、Java/JVMテクノロジレポートを公開した。CodingameとTiobeは、言語の使用と採用に関するレポートを発表している。これら報告書の現状と、Javaを含むエコシステムで現在何が起きているのかを調査した。

  • Eclipseが脆弱性評価ツールを提案

    Eclipse Foundationでは、既知のセキュリティ問題を持つライブラリの識別を支援する、脆弱性評価ツールを取り入れる提案を評価中である。これによって開発者は、自身の開発中の技術が脆弱なコンポーネントを使うことによってダウンストリームリスクに直面するアプリケーションに対して、開発者を支援することが可能になる。

  • Eclipseがクラウドネイティブアプリケーションの構築とデプロイのためのIDEに依存しない新しいツールを発表

    Eclipse CodewindはEclipse Foundationの新しい開発者中心のプロジェクトである。クラウドネイティブのアプリケーション開発に共通のタスクを迅速かつ一貫して達成する方法を提供することで開発者を支援することを目的としている。

  • EclipseとOracle、javaxパッケージ名前空間と商標の扱いに関する合意を断念

    Eclipse FoundationとOracleは、Java EEのjavaxパッケージの今後の拡張方法について、合意に達することができなかった。

  • Eclipse Foundation、Eclipse Photon IDEをリリース

    Eclipse FoundationがEclipse IDEの最新バージョンを発表した。Eclipse Photonには、Java 10とJava EE 8のサポート、PDT (PHP development tools) の改善、Dark Theme UI改善などが含まれている。

  • リリースの近づくEclipse Photon

    Eclipse Projectの17年目のリリースとな���Eclipse Photonが6月にリリースされる。リリースを前にした各マイルストンでは、新機能と注目すべき機能が目白押しだ。マイルストン6(M6)には、EclipseプラットフォームやJava Development Tools(JDT)、Plug-in Development Environment(PDE)、Equinoxサブプロジェクト、さらにはJDTおよびEclipseプラットフォーム開発者向けにも注目すべき機能が提供されている。

  • HazelcastがEclipse Foundationに参加

    オープンソースのインメモリデータグリッド(IMDG)を提供するHazelcastは先日、Eclipseコミュニティの他メンバとの協業を目的としてEclipse Foundationに参加した。主な対象はJCache{JSR-107)、Eclipse MicroProfile、EE4Jである。CEOのGreg Luck氏が、今回のEclipse Foundatin参加についてInfoQに話してくれた。

BT