BT

InfoQ ホームページ Glassfish に関するすべてのコンテンツ

  • Thorntail は終わりへ至る

    アプリケーションにアプリケーションサーバ機能を埋め込むためのサポートを追加するJavaフレームワークが増え、Thorntailプロジェクトは終了した。

  • Jakarta EE 9 - Eclipse Foundationによってマイルストン1リリース

    Eclipse Foundationは、Jakarta EE 9の最初のマイルストーンリリースをJakarta EE 9 Milestone Release Partyで祝った。EclipseのTanja Obradovic氏、Shabnam Mayel氏、Ivar Grimstad氏が主催したこのイベントでは、Javaの著名人であるWill Lyons氏、Kevin Sutter氏、Scott Marlow氏、Steve Millidge氏、BJ Hargrave氏による短いプレゼンテーションが行われた。このイベントには、20カ国から155名の開発者が参加した。

  • Payara Server: Jakarta EE 8準拠の認証を受けた最新プロダクト

    PayaraがPayara Server 5.193.1をリリースした。これによって同社は、Eclipse FoundationやIBM、Red Hatとともに、2019年9月10日のJakarta EE 8の公式リリース以降にJakarta EE-8準拠と承認されたプロダクトの提供者のひとつになった。PayaraのJavaソフトウェアエンジニアであるPatrik Duditš氏が、今回のマイルストーンについてInfoQに語ってくれた。

  • Apache NetBeans 11.1がトップレベルプロジェクトとしてリリース

    Apache NetBeans 11.1がリリースされた。これはインキュベーションを卒業してから最初のリリースである。

  • Payara Platform 5の2019年のロードマップ

    PayaraのCEOであるSteve Millidge氏は先頃,Payara Platform 5の2019年のロードマップの概要を公開して,2019年のPayaraの目標について説明した。2018年の成果に関する簡単なレビューで特に取り上げていたのは,2018年3月のPayara 5.181のリリースに伴うPayara Platform 5の提供開始だ。2019年にはPayara Server 5とPayara Micro 5の四半期リリース(5.191〜5.194)が計画されている。

  • GlassFishの新たな時代

    Eclipse Foundationは先頃、2018年9月の2つのマイルストンを発表した。GlassFishのソースコードのOracleからの移行が完了したことと、Java EE TCKがオープンソースになったことだ。Jakarta EEの前進とGlassFishの新たな時代に向けての大きなマイルストンと考えられている今回の発表は、“Jakarta EEをクラウドネイティブなアプリケーション開発のイノベーションの手段とする上で、新たなステップとなる”。

  • Payara FoundationがPayara ServerとPayara Micro 5.183をリリース、MircoProfile 2.0をサポート

    Payara Foundationは先頃、MicroProfile 2.0とJava EE 8のフルサポートを含み、多数の新機能やアップグレード、バグフィックスを備えた、Payara ServerとPayara Microのバージョン5.183をリリースした。新たな機能としては、MicroProfile APIとAdmin Consoleのアップデート、OpenID仕様のサポート、新しくなったアプリケーションデプロイメントディスクリプタスキーマなどがある。

  • Payara FoundationがPayara Server 5とPayara Micro 5をリリース

    Payara Foundationは先頃、新機能のホストとアップグレードを含んだPayara Serverのバージョン5とPayara Microをリリースした。刷新された管理コンソール、クラスタリングの改善、新しいデータベース、Java EE 8とMicroProfile 1.2のサポートなどが目新しい。同社JavaミドルウェアコンサルタントのMichael Croft氏が、今回の最新リリースについて説明してくれた。

  • EE4Jへ提案された最初の9つのプロジェクト

    オラクルのJava EE 8とGlassFishの技術をEclipseファウンデーションへ移管するプロセスの一部として、9つのプロジェクトが最初のプロジェクトとして提案された。これらは最終的にEclipse Enterprise for Java(EE4J)に含まれる。オラクルのシニアソフトウェア開発マネージャであるDmitry Kornilov氏と、EclipseファウンデーションのエグゼクティブディレクタであるMike Milinkovich氏がこの新プロジェクトのことをInfoQに話してくれた。

  • オラクルがJava EEのオープンソースファウンデーションへの移行を計画している

    オラクルはJava EEプラットフォームの進行中の開発とその主導権をオープンソースファウンデーションへ移行する計画をしている。移行は次のリリースであるJava EE 8のあと、この夏となる。

  • GlassFish Commercial Editionの提供が終了

    Oracleは先頃,Java EEとGrassFish Servcerに関するロードマップの最新版を発表した。2013年7月12日にリリースされたJava EE 7に合わせて,GlassFish Server Open Source Edition 4の提供が開始されたが,今週になってOracleは,Glass Fush 4の商用サポートバージョンを提供しないことを明言した。GlassFish 4はJava EE 7のリファレンス実装であり,Java EE 7認証を受けた唯一のアプリケーションサーバだ。

  • ほとんどのWebサーバーに影響するメジャーなサービス拒否脆弱性

    セキュリティ研究者のAlexander Klink氏とJulian Wälde氏は、つい先日まで大部分のWebサーバーに影響を与える可能性のあった深刻な脆弱性を明らかにした。攻撃は、ハッシュコードの衝突を作り出すように設計されたPOSTフォームデータを送る、単一のHTTPリクエストだけである。最初にこの攻撃が発見されたとき、Python、Ruby、PHP、Java、ASP.NETが影響を受けたが、ベンダーはパッチの開発を行った。

  • GlassFish Server 3.1 が JavaEE 6 Web プロファイル, クラスタリング、高可用性をサポート

    GlassFishアプリケーション サーバの最新バージョンは、JavaEE 6 webプロファイル、改善されたOSGiサポート、クラスタリングと高可用性(HA)のフィーチャをサポートする。Oracleが最近リリースしたのは、商用版(Oracle GlassFish Server) とコミュニティ版(GlassFish Server Open Source Edition) のアプリケーション サーバーのバージョン3.1である。この新リリースは、また集中型の管理機能と改善されたJDBC監視機能を提供する。

  • JavaOne キーノート - モバイル と JavaFX の重視,そして JavaFX Script の廃止

    月曜日にサンフランシスコで行われた JavaOne キーノートで,Oracle 担当執行副社長の Thomas Kurian 氏が,Oracle の Java プラットフォームに関する計画としての今後3年間の製品ロードマップと JavaFX のデモ,その他のテクノロジを公開した。それ以外に JavaFX 2.0 に関する計画と,JavaFX Script の廃止についても発表している。

  • GlassFish Gemは、どうなるのか?JRuby Webアプリケーションをデプロイするための代替品

    OracleがGlassFishのロードマップをリリースしたが、ひとつ大きく欠けていたのが、the GlassFish gemである。 Rails, Merb,そして Sinatra アプリケーションのgemベースのサーバは、JRubyプラットフォーム用の一般的なデプロイの選択肢となり、JRubyコミュニティでは、広く推奨されている。gemによって、マルチスレッドモードで動作しているRailsユーザは、1つのサーバインスタンスで複数のスレッドを走らせることで、JVMをうまく活用できる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。