BT

InfoQ ホームページ ヒューマンリソース に関するすべてのコンテンツ

  • 身を持って得た教訓

    MicrosoftのクラウドソリューションアーキテクトであるRicardo Fiel氏は,Scrum Gathering Portugal 2016で,いろいろなタイプの組織とのコラボレーションから氏が見出した共通点と,自身の方法でチーム環境を活用する過程において氏が学んだ教訓についてプレゼンテーションを行なった。

  • ソフトウェア業界の燃え尽き症候群についてJohn Willis氏のQ&A

    InfoQは、John Willis氏にインタビューし、燃え尽き症候群について話そうと思ったきっかけ、燃え尽き症候群が人に与える影響、ソフトウェア開発の業界に燃え尽き症候群がどのように悪影響を与えるか、燃え尽き症候群になりそうな先行指標と、その指標を燃え尽き症候群を防ぐためにどのように利用するか、そして、燃え尽き症候群の原因となる従業員と組織のミスマッチに対処するための提案について聞いた。

  • 組織における多様性のビジネス事例

    多様性と企業業績には正の相関関係がある。多様性に対して寛大な作業環境の作業者は,業務に対してより強い熱意を持つことができる。これは定着率やパフォーマンスの面で非常に重要だ,とRegina Chien氏は言う。思想や人生経験の多様性は,技術者が最高の製品を作り上げる上で必要なものなのだ。

  • 雇用に関する書籍のためのコミュニティプロジェクト

    Yves Hanoulle氏が,雇用に関する本を書くコミュニティプロジェクトをスタートさせた。InfoQではそのプロジェクトや,雇用契約者(hiring contractor)と“固定型”従業員との違い,雇用に関する現在の動向について,氏にインタビューした。さらにプロジェクトのメンバたちにもインタビューして,参加した理由や効果的な雇用について聞くことにした。

  • アジリティをサポートするための人材管理プラクティス

    企業のアジリティ移行を指導する組織改革エージェントのDavid Dame氏は,企業規模拡大に関する活動のアジリティに関して,人材管理のプラクティスの面から説明する。

  • 組織におけるソーシャルキャピタルの可能性

    “組織構築の100年とHRM(Human Resource Management)の50年を経て,職業の未来は今,組織のソーシャルキャピタル(Social Capital)に対する関与と展開のあり方の習得に掛かっている。” – Antwerp Management Schoolの研究ディレクタであるBart Cambré氏のことばだ。No Pants Festival 2015で氏は,組織のソーシャルキャピタルが持つ可能性の解放について,講演を行った。

  • 従業員のモチベーションと成果を第一に考える

    個々人のモチベーションのフォーカスするのはパフォーマンスに良い影響を与える。また、キャリアを自分自身の手で握らせるようにもでき、優秀な人材が組織に集まるようになる。InfoQはPeter van Oevelen氏にインタビューをして、動機付けについて、チームのムードに影響を与えることについて、急進的なマネジメントを実践することについて、動機付けの経済、独自のアイディアと選好と動機を持った個人による効率的なチームについて、話を聞いた。

  • 学習する組織における自己啓発のサポート

    組織は従業員を通して学習する。アジャイルなやり方を仕事に導入するには、組織は従業員の自己啓発をサポートする必要がある。

  • Linda RisingがGOTO Amsterdam 2013でインセンティブについて講演

    第3回GOTO Amsterdam会議では、Java、モバイル、クラウド、オープンソース、Lean/Agile、アーキテクチャ、新しい言語&プロセスコミュニティが扱われる。会議の最初の日は、インセンティブについて話したLinda Rising氏の基調で始まった。彼女は、工業化時代から始まったいくつかのインセンティブの研究を明らかにし、いかにマネージャーが実際に開発チームに対して行ったかを調査した。InfoQは彼女の経験について彼女にインタビューした。

  • 応用心理学はソフトウェア技術者に役立つか

    11月1日,ソフトウェア技術者で著作者である John R. Fox 氏が "アナログ世界におけるデジタルワーク (Digital Work in an Analog World)" という著書を出版した。副題の "応用心理学によるソフトウェア工学改善" が示すようにこの書籍は,実はソフトウェア工学を考察したものではない。本書が注目しているのはむしろ,技術者の心理学的側面や実務に関連する部分なのだ。

  • アジャイルは個人に対する金銭的報酬を制限するか?

    Tom Reynolds氏は、スクラムに移行するのに人々の気が進まないことを聞いたという興味深いコメントを述べた。ここで引用された理由は、スクラムが個人ではなくチームを非常に重視して、金銭的報酬に直接影響を与えることだ。

  • ベストスクラムチームに報奨を与えるべきか?

    四半期毎にその部門のベストチーム1つに報奨を与えるべきだろうか? そのチームはどうやって決定されるべきだろうか? そうした報奨にはどんな影響があるだろうか?

  • コンピューティング分野のキャリア:未来は明るい

    神話に反して、アメリカのコンピュータ分野キャリアの就職機会は増加していて、供給をはるかに上回っている。この不均衡はIT分野での給料の上昇をもたらしている、この記事ではミシガン州カルバン大学教授Joel Adams氏が行った研究を要約した。

  • フィードバックを効果的に与える方法と受ける方法

    Agile 2009の初日の月曜日、Liz Keogh氏はワークショップと効果的なフィードバックに関するセミナーを開催した。

  • ハイパフォーマンスチーム - チーム殺しを避けるには

    ハイパフォーマンスチームは職場にあるチームの2%にすぎないが、アジャイルプロセスはこうしたチーム作りを促しているように見える。この記事では、こうしたチームがどのようにして職場にはぐくまれるのか、Steve Denning氏の考え方について解説する。また、ハイパフォーマンスチーム作りのための選抜や採用の方法について、Ominlab MediaのStefan Gillard氏による最近の講演についても取り上げる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。