BT

InfoQ ホームページ JCP に関するすべてのコンテンツ

  • Jakarta EE Working Groupが設立

    Java EEテクノロジの今後のバージョンはJakarta EEという名称になる予定で、現在はEclipse Foundationにおいて積極的な開発が行なわれている。Java EEがOracleの管理下にあった時、意思決定と新機能の導入にはJCPが使用されていたが、EclipseにはJava EEのJCPがないため、新たなプロセスを確立する必要があった。そのプロセスは現在、Jakarta EE Working Groupと呼ばれている。

  • Java EEは今後JCPを使わず

    オラクルは今後のJava EEの拡張に対してJCP (Java Community Process)を使うことを支持、推奨していない。 "オラクルはJava EE 8仕様の機能拡張に対して、EE4J駆動のプロセスの利用を推奨し支持します。今後のJava EE 8に対するどのような機能拡張であってもJCPプロセスの利用は推奨、支持しません。"

  • Javaコミュニティプロセスがリリースサイクルの発表に反応した

    オラクルのJavaリリースサイクルの発表に対するJavaコミュニティプロセスの反応は全体的に比較的ポジティブなように思える。リードするメンバーの何人かが発表に対する彼らの見方を伝えている。

  • JetBrainsがJCP Executive Committeeの一員に

    最近行われた特別選挙で、JetBrainsがJCP Executive Committeeに選出された。EricssonとTOTVSの退任で生まれたふたつの空席のひとつを埋めることになる。InfoQは同社の開発者であるTrisha Gee氏に、最新の状況と計画、そして、JSR 376の投票と将来の開発について話をした。

  • IBMとRed HatがJavaモジュール(Jigsaw)に反対を投票

    InfoQはこれまでにも、一般に“Project Jigsaw”と呼ばれているJSR 376 - the Java Platform Module Systemについて、その開発状況を報告してきた。今回、非常に珍しい動きとして、IBMとRed Hatの両社が、現在の形式のJigsawに対して“反対”票を投じることを公表した。

  • Mark Reinhold氏はコミュニティから懸念出ているにもかかわらず、JPMS (Jigsaw)がパブリックレビューに提出されることを発表した

    Mark Reinhold氏は、オラクルのJavaプラットフォームグループのチーフアーキテクトであるが、Jigsawがパブリックレビューに提出されると発表した。IBMとレッドハットが懸念を表明したにもかかわらずである。

  • オラクルはJCP Executive CommitteeにJava EEの戦略を共有した

    Anil Gaur氏は、Java EEとWebLogicサーバに責任を持つオラクルのグループヴァイスプレジデントだが、直近のJCP Executive CommitteeミーティングでJava EEの将来についていくらか光を当てるために話すように招待された。彼のメッセージの核は、エンタープライズのプログラミングは変化していること、そしてオラクルはそれに適応することを望んでいることである。しかしながら、ECのメンバーからの質問は、計画がまだ不明瞭であることを表した。

  • 新しいJSONバインディングのライブラリは、パブリックレビューへの準備が整った

    JSON-BはJava EE 8に追加されると期待されているJSONバインディングのライブラリであるが、パブリックレビューへリリースされた。このライブラリはJSONプロセッシングの上に構築している。JacksonやGsonといった有名なライブラリに代わるものとして標準を提供することを意図している。このJSRはJava EEだけを対象としているが、これはJava SEのユーザはまだサードパーティのライブラリを使う必要があることを意味している。

  • Kullaプロジェクト - Java用REPL

    Java REPLが近いうちに,あなたのJDKの元に届きそうだ。Oracle言語ツールチームのエンジニアであるRobert Field氏は先頃,Java REPL("Read-Evaluate-Print-Loop")プロジェクトの創設を提案した。投票を経て,Project Kullaと呼ばれるこのプロジェクトが承認されたのだ。REPLは基本的には,スクリプティングシェルないしコンソールである。UNIXシェルやGroovyコンソールのように,アルゴリズムの確認のために使用するものだ。

  • EclipseがJCPに参加

    JCP(Java Community Process) EC(Executive Committee)に新たに選出されたメンバが来週就任し,Javaプログラム言語の方向性に対して影響力を行使し始める。その中のひとつであるEclipse財団は,今後2年間にわたってこの決議機関に席を持つことになる。

  • Azul Systemsと同社CTOのGil Tene氏がJavaOneで "JCP Member of the Year"に選出

    先週サンフランシスコで開催されたJavaOne 2013カンファレンスで,Azul SystemsとGil Tene氏がJava Community Process (JCP) Member of the Yearに選ばれた。この賞は過去1年間,Javaコミュニティに対してもっともプラスの影響を与えた企業,あるいは個人メンバに与えられるものだ。

  • Java EE 7,WebSocketをサポート

    Java EE 7では,HTML5を使用するWeb開発者のニーズに応えて,多数の新API の導入や既存APIの変更が行われている。関係する領域は3つある – JSON操作のための新API,新たな属性に対応した JSFの大幅な更新,そしてもうひとつが,HTML5を形成する数多くのテクノロジのひとつであるWebSocketプロトコルを扱う新APIだ。

  • Java EE 7,Spring Batchを標準化

    今月リリースされたJava EE 7プラットフォームには,VMwareのSpring Batchプロジェクトから多くを受け継いだバッチ処理プログラミングのモデル仕様が含まれている。

  • OracleがJava EE 7 と Glassfish 4 をリリース

    Oracleが公式にJava EE 7をリリースし、今日の9 am PT / 12 pm ET / 5 pm Londonに生のウェブキャストを、そして9 pm PT / 12 am ET (木) / 2 pm Sydney (木)に再生上演を放映するこのリリースと一緒にのOracleは、 GlassFish 4.0という形で仕様のリファレンス実装を追加した。我々はEE 7対応IDEとなるはずのNetbeansの7.3.1の公式リリースを期待している。

  • Java EE 7リリースに関する1問1答 - Oracleソフトウェア開発担当副社長Anil Gaur氏に聞く

    Oracleは本日この後のwebcastにおいて,Java EE 7を正式にローンチする。 リリースに先立ってInfoQでは,ソフトウェア開発担当副社長のAnil Gaur氏と対談し,今回のリリースと今後の計画について詳しく聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。