BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ マネジメント に関するすべてのコンテンツ

  • Buutzorgの新次元組織を目指すアジャイルの旅

    オランダの全国的看護師組織であるBuurtzorgでは、すべてが自己管理(self-managing)のプラクティスで運営されている。完全に自己組織化されたチームと、これら独立したチームをサポートするバックオフィス、という文化が組織全体に浸透しているのだ。ITシステムはアジャイル手法で開発され、チームによる患者への看護提供を支援している。

  • Lean Pilotによる改善推進

    リーン、アジャイル、リーンスタートアップは、改善を進める上でお互いを強化することができる。データ駆動型改善フレームワークであるLean Pilotsは、部門間の協力を阻害する主要な組織的障害の排除を目的として、組織内の継続的改善の推進に使用される。

  • オピニオン:2017年のCulture & Methods は何が待ち構えている?

    われわれは InfoQ Culture & Methods の編集チームに、2017年のテクノロジー分野で目立ってくるトレンドは何か、世界中の組織に影響するものは何か調査を行った。

  • Google:マネージャはやはり重要な存在である

    Googleの研究者は、社内データに基づいて優れたマネージャが持つ8つの特徴を導き出した。そして、組織にとってマネージャが重要な存在かどうか、どのようにマネージャを訓練するかを発見するためのガイダンスとツールを他の組織に対して提供している。

  • 信頼とリーダーシップ - 新しい研究による関係の再認識

    信頼できることは、リーダシップの成功に大きく関係している。 Ken Blanchard Companiesの最近の調査では、リーダへの信頼が組織に対する個人の意思決定にどのように影響しているかが示され、この関係が再認識されている。これには、成果を上げ、会社を支持し、会社に留まることが含まれる。

  • ネットワーク化された社会でのマネジメント

    今、接続された企業や個人のシームレスな協力を通じて多くの価値が生まれるようになっている。しかし、同時に、多くの企業は19世紀に発明されたマネジメント手法に影響を受けている。ネットワーク化された社会で適切な管理をするためにパラダイムシフトが必要だ。

  • リーダーシップ再考: ��凡な結果を達成するために普通でいること

    アジャイル/リーンのコーチであるKatherine Kirk氏は、リーダーシップにおいて、普通でいることが非凡な結果を達成する助けになる、と主張している。また、多くの人がリーダーシップを再考し人をリードするための基本的な振る舞いに立ち返ることを示すアプローチを模索している。これらのアプローチは小さい平凡なことであるが、この示唆は組織管理の方法に革命をもたらすかもしれない。

  • ソフトウェア業界の燃え尽き症候群についてJohn Willis氏のQ&A

    InfoQは、John Willis氏にインタビューし、燃え尽き症候群について話そうと思ったきっかけ、燃え尽き症候群が人に与える影響、ソフトウェア開発の業界に燃え尽き症候群がどのように悪影響を与えるか、燃え尽き症候群になりそうな先行指標と、その指標を燃え尽き症候群を防ぐためにどのように利用するか、そして、燃え尽き症候群の原因となる従業員と組織のミスマッチに対処するための提案について聞いた。

  • あなたとあなたの会社はDevOpsに必要なスキルを持っているか

    DevOpsを実現するために個人や組織は文化的な変化や新しいツール、自動化の準備をしなければならない。この共通理解はDevOpsの意味と利用方法についての何年にもわたる議論によって進化してきた。議論にはさまざまな意見があり、いくつかの合意はあるものの、多くの点は未だに合意に達していない。

  • Obeyaによるプロジェクトポートフォリオ管理

    Obeya(大部屋)は,作戦室(war room)とプロジェクト管理の視覚化を特徴とするマネジメントアプローチである。InfoQはMalika Mir氏にインタビューして,Obeyaを開発した理由,Obeyaを導入したプロジェクトポートフォリオの管理,実際にObeyaを使用した経験とそこで得られたメリットについて話を聞いた。

  • アジャイル導入をサポートする組織的変革

    世界は変わった。それゆえ、命令制御型の企業は変化し新しい組織モデルに適用しなければならない、とNiels Pflaeging氏はいう。氏が立ち上げたThe BetaCodex Networkは今の市場に合う組織の"ベータ"モデルの理解を促進するための研究とオープンイノベーションを応用する。

  • アジャイルの世界でのミドルマネージャの役割

    Mário Moreira氏がブログで、アジャイルの世界でのミドルマネジメントの役割と現実に直面する困難について語っている。

  • オーケストラのリハーサルを喩えにしてリーダーシップスキルを開発する

    PensatoのDominique Dejonghe氏とLuc Galoppin氏によれば、一流オーケストラのリハーサルは、マネジメントチームにとってあたらな学習源になる。InfoQは両氏にリーダーシップ開発、音楽と組織マネジメントの関連、プロジェクトやプロセスにオーボエを見つけることについて、話を聞いた。

  • 組織の"液体化"によるアジリティ向上

    組織のアジリティを向上して,高い適応性と応答性を備えるための方法が求められている。その新たな波として,組織を管理し,透明性と自己組織化をサポートするための現代的な手法が注目を集めている。LiquidOは,組織の行動や判断を体系化し,組織のメンバを信頼することによって,全メンバがマネジメント活動の一部を担うことを可能にするという,組織的なガバナンスモデルである。

  • アジャイル導入は組織構造から着手するべきか

    ある組織にアジャイルを採用しようとする時には,その構造を変えなくてはならない場合が少なくない。アジャイルな仕事の進め方は,新たなプラクティスをチームとマネージャに課すだけでなく,通常は文化や思想にも影響を及ぼす。これらのすべては関連しているが,同時にすべてを変えるというのは,組織にとってあまりにも大きなチャレンジかも知れない。組織構造から着手すると何が起きるのか,ここで確認してみよう。

BT