BT

InfoQ ホームページ Microsoft Office に関するすべてのコンテンツ

  • アプリケーションが必要なすべてのデータに接続できるMicrosoft Graph

    Microsoft 365エコシステムのプリンシパルプログラムマネージャであるYina Arenas氏がセッションを開催し、アプリケーションデータにMicrosoft Graphを接続する方法について説明した。Microsoft Graphを使うことで、開発者は、ユーザがアプリケーションの実行ではなく、タスクの完遂に集中できるように支援することが可能になる。講演はBuild 2018 の発表、使用方法や使用するツールの他、主要なAPIとヒントを中心に行われた。

  • Microsoft 365とアプリケーション開発の未来 - Microsoft BUILD 2018 第2日基調講演

    2日目の基調講演は、Microsoft 365がアプリケーション開発の未来である、と主張するものだった。講演では、Enterprise Mobility Services、Microsoft Office、Windows 10のMicrosoft 365への統合を強調する一方で、その基盤となるMicrosoft Graphには、ユビキタスコンピューティングやデータとAIの統合といったより広範な用途があること、マルチセンスでマルチデバイスなエクスペリエンスがさらに身近なものになること、などを強調していた。

  • Microsoft Teams を利用した ChatOps

    Microsoft Teams の Bot Framework はアプリケーションやサービスをインスタントメッセージングやグループチャットにリンクする。 Microsoft は 2017年3月 に Office 365 とコラボレーション可能な Teams を発表し、ChatOps に利用可能な新機能を近日追加した。 また、Teams で Skype for Business を置き換えることを発表した。

  • 8月のPatch TuesdayでInternet Explorerのセキュリティと機能が向上

    Microsoftは最新のPatch Tuesdayにおいて、合計37個のcommon vulnerabilities and exposures (CVE)をカバーする9個のセキュリティ情報を公開した

  • OpenXML SDKがMicrosoft Officeファイルを解放する

    Microsoft Word, Excel, PowerPointが使用するファイルフォーマットが,MicrosoftのOpenXML SDKの最新リリースを通じて完全なオープンソースになった。一般的なApache 2.0 Licenseで提供されることによって,これらのフォーマットを独自プロジェクトで容易にサポートするための道が開かれる。

  • Microsoftの新しいOneNoteサービスAPIは、Windows, Mac OS, iOS, Androidに無料で提供される

    Microsoftは先日、Windows, Windows Phone, iOS, Mac OS, AndroidそしてWebのようなプラットフォームで、自由なフォーム情報の収集をプログラムで統合可能にし、異なるプログラム言語間の複数ユーザーコラボレーションツールであるOneNote APIの初期リリースを発表した。

  • Microsoft Office、制限付きながらAndroidに対応

    MicrosoftがGoogleと連携して、Office 365サブスクリプションを持つユーザのために、Android Phone向けアプリをリリースした。

  • SQL Server、SharePoint、Officeの新しい開発ツール

    MicrosoftはSQL Server、SharePoint、Officeをターゲットにしたいくつかの開発ツールをアップデートした。ビジネスインテリジェンスツールは、SQL Serverのanalysis、integration、reportingをサポートする。Office/SharePointツールは、それぞれの2013バージョンと.NET Framework 4.5をサポートする。

  • Hadoop + SQL Server + Excel = Big Data分析

    数ヶ月前Microsoftは、管理、分析、大容量データの意味を知ることができるMicrosoftのHadoopディストリビューションである HDInsightをアナウンスした。InfoQは、SQL ServerのシニアプロダクトマーケティングマネージャのVal Fontama氏と接触して、MicrosoftでのエンタープライズBig Dataストーリーの成功例について確認した。

  • Office および SharePoint 2013 の新たなアプリケーション開発

    Office と SharePoint 2013 にアプリストアが追加されたことは,開発者,ユーザいずれとっても新たなチャンスとなるものだ。新機能がインターネット上のデータソースへの認識の拡大と,カスタマイズの機会をユーザに与えてくれる。

  • Napaの紹介

    Office 365ではNapaと呼ばれるウェブベースのIDEが導入される。このIDEはOfficeとSharePointベースのプラグインをHTMLとJavaScriptで開発でき���。jQueryのようなライブラリも使えるが必須ではない。

  • OpenXML SDK 2.0を使ったオープンソースのWord文書ジェネレータ

    MS Office用OpenXML SDK 2.0はOpen XML文書を操作するための、厳密に型指定されたパーツ クラスを提供する。WorddocGeneratorはテンプレート駆動のWordファイルを生成する、オープンソースのユーティリティであるが、このSDKを使って開発できる例の1つである。InfoQはこのユーティリティの開発者である Atul Verma氏にこのプロジェクトについて幾つか質問をした。

  • Microsoft Officeを利用するLightSwitchの新しい拡張

    Grid Logicは、Visual Studio LightSwitch開発者がMicrosoft Office 2010でデータを扱うことができるようにするOffice Integration Packをリリースした。この拡張により、ユーザーは文書、スプレッドシート、PDFの作成ができたり、OutlookでEメールや予定を送ったり、データをExcelから移動したりすることができる。

  • OpenXML を簡単にする ClosedXML

    Excel ドキュメントをプログラムで処理する場合,XML そのものを直接操作するか,あるいは Office Automation ライブラリを利用するのが一般的な方法だ。 しかし Office Automation ライブラリはサーバでの使用には適さないし,XML の処理はかなり面倒だ。ClosedXML は 利用が簡単な Office タイプの API を提供することにより,COM のオーバーヘッドを伴わずにそのギャップを埋める。このライブラリを紹介するため,ClosedXML プロジェクトの Manuel De Leon 氏に話を聞いた。

  • Open XMLの新しいライブラリとツールパッケージ

    Open XML SDK 2.0は、Open XMLドキュメントを強く型付けされたクラスを使って操作する、適度に高いレベルのAPIを提供する。これには、Word、PowerPoint、Excelドキュメントをリバースエンジニアリングして、それを再作成するのに必要なC#コードを表示するOpen XML SDK v2.0 Productivity Toolが含まれている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。