BT

F#の2017年を振り返る

| 作者: Sergio De Simone フォローする 17 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2018年1月31日. 推定読書時間: 3 分 |

原文(投稿日:2017/12/28)へのリンク

読者の皆様へ: あなたのリクエストに応じて、大切な情報を見逃すことなく、ノイズを減らす機能を開発しました。お気に入りのトピックを選択して、メールとウェブで通知をもらいましょう

2017年、F#はバージョン4.1に到達した。.NET Core 2.0リリースと時を同じくしたことを大きな理由に、ユーザコミュニティは拡大し、ツーリングとカンファレンスでの存在感も増している – MicrosoftプログラムマネージャのPhillip Carter氏は、このように記した

言語面においてF#が2017年に達成した最も重要な成果は、F#4.1のリリースだ。決してマイナーリリースではなく、struct tuplestruct recordstruct discriminated unionを始めとする多数の新機能が導入されている。さらに、オプションパラメータが4.1で修正され、呼び出し側情報のサポートが追加されたことにより、ログ処理がより柔軟になった。

さらに重要だとCarter氏が指摘するのは、F#を支えるコミュニティの成長である。プロダクトのテレメトリ情報や、Twitter、GitHub、F# Software Foundationの活動から、それが伺い知れる。テレメトリデータによれば、F#のアクティブなユニークユーザは数万人に達しており、前年比で20パーセント増加している。興味深いのは、テレメトリのデータが、.NET Core 2.0のリリースと同時に増加していることを示している点だ。しかしながらCarter氏は、Microsoftが非テレメトリ環境のF#ユーザを考慮する取り組みをしていないという理由から、テレメトリは難しいトピックであって、控えめな推定数を提供しているに過ぎないことを認めている。

Carter氏によれば、F#はツーリングも2017年にさらによくなった。まず挙げられるのは、.NET Coreをインストールした時、Visual Studio 2017でF#がデフォルトで使用可能になったことだ。Visual Studio 2017には.NET Coreと.NET Standardの両方でF#のサポートが追加されていて、C#と同等の扱いとなっている。同じように、Visual Studio for Macでもデフォルトで使用可能で、Azure FunctionsAzure Notebooksもサポートしている。これによってF#は、ツーリングの充実した関数型言語というその目標に、さらに一歩近づいたことになる。

Carter氏によれば、F#が発展する上での.NET Coreと.NET Standardの重要性は、F# OSSエコシステムの大部分がそれらの定義に準拠するためのマイグレーションを行なったことで、さらに実証されたと言える。中でもCarter氏が注目するオープンソースプロジェクトとして挙げたのが、.NET Core上でWebサービスを記述するSuaveGiraffe、そしてフルスタックのF#アプリケーションの記述を可能にするJavaScript変換コンパイラのFableだ。

最後にCarter氏は、2018年におけるF#の明るい見通しとして、ツーリングのさらなる改善、コミュニティの拡大、OSSアクティビティの強化について記している。2018年に登場予定の注目点としては、.NET Standard 2.0でのタイププロバイダの導入、F# REPLの.NET Coreサポートなどがある。

 
 

この記事を評価

採用ステージ
スタイル
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT