BT

InfoQ ホームページ ニュース GitLabはGoogle Kubernetes Engineを完全に管理可能に

GitLabはGoogle Kubernetes Engineを完全に管理可能に

ブックマーク

原文(投稿日:2018/04/07)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

GoogleとGitLabは、GitLabとGoogle Kubernetes Engine(GKE)の統合を発表した。これは、ロックインなしでGitLabをGKEと共に簡単に使えることを目的としている。

Google Kubernetes Engineの統合とは、Google Cloud Platform(GCP)でホストされているKubernetesクラスタをGitLabプロジェクトに接続できることである。そこで、継続的インテグレーションのジョブを実行し、継続的デプロイのパイプラインを設定する。GitLabのCEOであるSid Sijbrandij氏によると、GKEの統合により、開発者は、Kubernetesがどのようにクラスタを管理しているかの詳細をすべて理解しなくても、GCP上でマネージドデプロイ環境をセットアップし設定することができる。

自身のプロジェクトにGitLab-GKEを完全に統合するには、GitLabでのGoogle認証の有効化、Googleの請求アカウントの設定、マスター権限の保持、Cloud BillingAPIとResource ManagerAPIの有効化など、さまざまな要件を満たす必要がある。これらの条件がすべて満たされている場合は、クラスタ名、GCPプロジェクトID、どのゾーンにクラスタをデプロイするか、クラスタを構成するノード数、マシンタイプ、関連付ける環境など、いくつかの構成設定を提供することで、GitLab UIから新しいKubernetesクラスタを作成できる。

Kubernetesデプロイ環境が構築、設定されると、開発者はGitLabのAuto DevOps機能を使用して、ビルドからデプロイまでの完全なワークフローを作成し、多数のテンプレートに基づいてモニタリングをすることができる。それにより、必要なコンフィグレーションステップを大幅に削減できる。さらに、GitLabのReview Apps機能を使うと、変更内容をKubernetesに展開する前にプレビューすることができる。GKEで使用できる他のGitLabの機能は、Deploy BoardsCanary Deploymentsである。前述のように、GitLabとGKEの統合は、標準的な上流のKubernetesソースに依存しているため、開発者はアプリケーションを別のKubernetesプラットフォームに簡単に移植できる。

GitLab 10.6ではGitLabとGKEの統合が可能で、30日間無料で試用できる。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。