BT

InfoQ ホームページ Onboarding New People に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Spark the Change Paris 2018: 才能を解き放つ

    好奇心を最優先にする、いつどのように仕事が生じるべきかを問う、テクノロジによる断片化を肯定してタスクベースの社会を実現する、採用において真の人間関係の可能性を最大化する、質問によって変化を促す、労働力として難民を取り込む方法を模索する – これらはいずれも、人々の才能を解き放つための提案と結論の一部である。

  • アジャイルによる刷新が必要な人事部門

    人材という考え方は時代遅れであり、刷新する必要がある。Dov Sal氏は最近の記事で、アジャイルな組織に置けるHRの目的を吟味し、HRの実務担当者にはアジャイルなHR開発のためのマニュフェストを導入することを推奨している。同じようにDeloit傘下のBersinもAgile Model of HRと題した記事で人事部門のミッションと注力について大きく変えることについて書いている。

  • 身を持って得た教訓

    MicrosoftのクラウドソリューションアーキテクトであるRicardo Fiel氏は,Scrum Gathering Portugal 2016で,いろいろなタイプの組織とのコラボレーションから氏が見出した共通点と,自身の方法でチーム環境を活用する過程において氏が学んだ教訓についてプレゼンテーションを行なった。

  • スタートアップ企業の成長とチームのスケールアップ

    スタートアップ企業が成功を収めたならば,次の成長に向けたチームと技術のスケールアップが必要にな���。このスケールアップは,スタートアップ企業らしい効果性を維持する方法で行なわなくてはならない。急成長するユーザニーズを満足するためには,製品を迅速に提供できる能力も必要となる。そこで直面する課題が,人の採用とその導入教育だ。適切な人を見出して成長させるための技術的判断を行なわなくてはならない。

  • チームのスケールアップによる効果的な組織拡大

    組織が急成長している時には,正しい判断が困難になることがある。多くの人を雇い,多くのことを行なう中で,本当に達成したいことが分からなくなるのだ。Alexander Grosse氏がSpark the Change London 2016で,チームのスケールアップによって効果的な組織を構築する方法について講演した。氏が取り上げたのはチーム拡大の5つのドメイン — 雇用,人の管理,組織,文化,コミュニケーションだ。

  • 成功している組織からアイディアを学び応用する方法

    成功している組織を研究することで着想を得て、自分の組織を改善するためのアイディアが見つかることがある。Helena Moore氏は、Netflix、Zappos、Virginなど優れたリーダーシップと文化を持つ組織のケーススタディを読み、Timpsonのような組織を訪問したことで、何が組織に成功をもたらすのかを理解し、そして、自分の組織にその成功の素を導入する方法を見つけるための助けになった、と語った。

  • 雇用に関する書籍のためのコミュニティプロジェクト

    Yves Hanoulle氏が,雇用に関する本を書くコミュニティプロジェクトをスタートさせた。InfoQではそのプロジェクトや,雇用契約者(hiring contractor)と“固定型”従業員との違い,雇用に関する現在の動向について,氏にインタビューした。さらにプロジェクトのメンバたちにもインタビューして,参加した理由や効果的な雇用について聞くことにした。

  • 従業員のモチベーションと成果を第一に考える

    個々人のモチベーションのフォーカスするのはパフォーマンスに良い影響を与える。また、キャリアを自分自身の手で握らせるようにもでき、優秀な人材が組織に集まるようになる。InfoQはPeter van Oevelen氏にインタビューをして、動機付けについて、チームのムードに影響を与えることについて、急進的なマネジメントを実践することについて、動機付けの経済、独自のアイディアと選好と動機を持った個人による効率的なチームについて、話を聞いた。

  • アジャイルチームの構成を変える

    「安定したチーム作りと機能不全なチームの対処」でレポートしたように、組織は安定したチームを構築、育成することを望んでいる。だが時として、チーム内あるいはチーム群の構成を変える必要がある。チーム構成を変更する必要があるとき、どのように実施すればよいのだろうか?

  • 大規模なアジャイルプロジェクトで新しい人を入れる

    Anand Vishwanath氏は、大規模なアジャイルプロジェクトでは、小規模の「シミュレーション・プロジェクト」の利用が、新しい人を決まったやり方に慣れさせるための最善の方法となるだろうと提案している。一言で言えば、「一回の研修の中で新たに入ってきた人たち4~6人のグループを作り」、経験のある数人のメンターの支援の下で彼らに1~2週間に渡って数回の小さなイテレーションを実行させるのである。

  • チームの腐ったリンゴを扱う

    ここ数日間、Scrum Development Yahoo Groupでチームの1人の「働きが少ない」場合に何をするかについてとても活発な議論がなされている。Rotten apple in Scrum team(スクラムチームの腐ったリンゴ) の130以上のレスポンスの中で、最初の質問へのアドバイスから、チームのやる気や誰がそれを管理するかという話、個人を計測する昔からの論争、チームが本当に「チーム」であるかどうか見分けることなどへ議論が及んだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。