BT

InfoQ ホームページ 統制 に関するすべてのコンテンツ

  • GitHubのインシデント分析がサービスの信頼性を改善する方法を示す

    2018年10月21日、GitHubユーザは、日常のメンテナンス作業が原因のインシデントにより、24時間のサービス低下を経験した。古くて一貫性のない情報が表示され、24時間、ウェブフックと他の内部サービスが利用できなくなった。GitHubの事後インシデントレポートは、どこで問題が起きたかを示し、サイト信頼性を改善する解決策を述べている。

  • DockerがDocker Application Guidesを発表

    Dockerは最近Docker Application Guidesを発表した。ガイドでは、Docker Enterprise EditionとDocker Desktopにアプリケーションをデプロイする方法が提供されている。また、コンテナイメージを選択し、Docker SwarmやKubernetesによってオーケストレーションされたプロトタイプアプリケーションをデプロイするためのアーキテクチャとガイダンスの例が提供されている。

  • 多すぎるスクリプトは継続的デリバリーをダメにする

    先月のContinuous Lifecycle Londonにて、Avantika Mathur氏が継続的デリバリーパイプラインにおけるスクリプトの増加にまつわるコストについて語った。メンテナンスコストに加えて、もうひとつ大きなコストは、本番環境に変更をデプロイするまでに実際に何が実行されるのか、その可視性と監査可能性が欠けていることだ。多くの組織がこのことに気づいていない。

  • Kubernetesとの統合が容易になったDocker Enterprise Edition 2.0

    Docker Enterprise Edition(EE)の最新版では、異機種環境のKubernetes上で動作するアプリケーションの管理と保護が可能になり、Kubernetes環境の日々の管理に関するワークフローが簡素化される。

  • CAがWorkload Automation Engineの新リリースを発表

    オートメーションベンダーCAは、新しいワークロードエンジンであるCA Workload Automation AEの新しいバージョンをリリースした。このリリースには、新しい使いやすさとパフォーマンス機能が含まれており、CA Automic One Automationプラットフォームに直接統合されている。

  • Kubertenes 1.9がWorkloads APIをサポート、コンテナストレージを拡張、Windowsをベータ版サポート

    コンテナオーケストレーションフレームワークKubernetesの最新バージョンでは、GAバージョンのWorkloads APIサポート、コンテナストレージ拡張、Windowsのサポート(ベータ版)が提供されている。Kubernetesチームは先週、バージョン1.9のリリースを発表した。今年最後の4回目となる今回のリリースでは、Custom Resource Definition(CRD)バリデーションもサポートされる。

  • RockScript: マイクロサービスをオーケストレーションするオープンソースのスクリプト言語と実行エンジン

    Tom Baeyens氏がRockScriptのプレビューをリリースした。マイクロサービスの統合とオーケストレーションのための、オープンソースのスクリプト言語とそのエンジンだ。RockScriptは、JavaScriptによく似た言語をそのエンジンで実行することにより、BPM(Business Process Modelling)と同じような方法で、マイクロサービスシステム内のトランザクション実行のコーディネーションを可能にする。

  • アプリケーションプラットフォームの領域でコンテナがVMを凌駕 - SDxCentral Survey調査より

    SDXCentralが公開した2017 Container and Cloud Orchestration Reportの注目点のひとつは、この2年間でコンテナの採用が着実に増加し、アプリケーションプラットフォームの分野において仮想マシン(VM)を凌駕しつつあることだ。2016年には、コンテナを採用していた回答者はわずか8%であったが、今年は45%が採用済みと答えている。

  • ContainerPilot 3.0がリリース、マルチプロセスコンテナをサポート

    Joyentは、ContainerPilotのバージョン3.0をリリースした。コンテナ内で複数プロセスを実行するためのinitシステムとして機能し、サービス登録プロセス、サービスディスカバリ、ヘルスチェック、プロセスのライフサイクル管理を自動化する。HTTPベースのAPI、シンプルな構成言語が新たに用意される一方で、サポート対象がConsulのみに限定された。

  • JD.comはいかにしてOpenStackからKubernetesに移行したか

    中国最大のEコマース企業のひとつであるJD.comは先頃、従来使用していたOpenStack管理のIaaSを、Kubernetesを採用したアプリケーションコンテナベースのインフラストラクチャへと発展させた、自らの経験について公開した。自社開発のネットワーク用コンポーネントを含む今回の変更により、リソース利用率が30%向上している。

  • Kubernetesのデプロイに失敗する10の一般的理由

    先日公開された一連の記事に、Kubernetesのデプロイが失敗する、一般的な10の理由が取り上げられていた。内容としてはミスや入力の誤りからリソース制限の超過にまで及んでいるが、そのほとんどの場合において、根本原因の特定には‘kubectrl describe’コマンドが有効だ。

  • コンテナオーケストレーションソフトウェアを比較する

    先日の記事で,現在入手可能なコンテナオーケストレーションの選択肢が比較されている。取り上げられていた範囲は,セルフホストの必要なオープンソースからコンテナ・アズ・ア・サービス製品まで,スタートアップからエンタープライズ規模にまで及ぶ。

  • Docker 1.13のリリースで、CLIを改善、SwarmモードのComposeファイルをサポート、Secrets APIを提供

    Docker Incは、オープンソースのDockerコンテナエンジンプロジェクトのバージョン1.13をリリースした。このリリースには、Docker CLIの大幅な再構成、ディスクスペースを再利用するための‘clean-up’コマンドの導入が含まれる。Docker 1.13のリリースに加えて、それをサポートするツール一式を新たにリリースした。ツールには、Docker Compose 1.10、Docker Machine 0.9.0、Notary 0.4.3がある。

  • マイクロサービスのためのオーケストレーションエンジンであるNetflix Conductor

    Netflixは、昨年 “Conductor��� と呼ばれるオーケストレーションエンジンを開発しプロダクションで運用してきた。この間、彼らは線形のワークフローから、複数の日にまたがって実行される動的なワークフローまで約260万のプロセスワークフローを実行した。現在 Conductor はオープンソースで公開されており、ワークフローオーケストレーションに関心のあるすべての人が利用できる。

  • DockerCon 2016: 発表と得られた主な情報

    シアトルで開催されたDockerCon 2016では、コンテナオーケストレーションを提供するDocker Swarmとの統合を含む、Docker Engineの最新の1.12ベータバージョンが発表された。さらなる発表として、Docker for Mac、Docker for Windowsがパブリックベータになり、Docker for AWS、Docker for Azureのプライベートベータが開始され、成果物のパッケージングのための"DAB"ファイルフォーマットがリリースされた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。