BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Self-organizing Team に関するすべてのコンテンツ

  • Manuel Pais氏のCOVID-19の中のTeam Topologies

    Team Topologiesの共著者であるManuel Paisは、先頃、トポロジを使用して階層構造から権限を与えられたチームに移行したCapra Consultingのリーダと話をした。ジャーニーについてレポートし、COVID-19のコンテキストでTeam TopologiesについてPais氏に話を聞いた。

  • Coinbaseが構築した”運用環境への道” - QCon Plus Q&Aより

    Coinbaseでは、エンジニアと顧客の数が増えるに従って、より多くのプロジェクト、早いイテレーション、増え続けるインフラストラクチャに対する多くのコントロールを必要とするようになった。開発者が何をしているかを見て、それを支援するための社内デプロイメントツールを開発していく過程において、同社は、セルフサービスの文化を構築したのだった。

  • 移譲でチームをスーパーチャージする方法: QCon London Q&A

    作業を移譲すると、作業をより適切かつ迅速に行うことができる。チームの自律性を高め、学習の機会を生み出す。移譲は自分でタスクを実行することから始まり、他の誰かにそのタスクを引き受けさせることで終了する連続体だ。Brandwatchのエンジニアリング担当副社長であるJames Stanier氏は、QCon London 2020で自己組織化チームに移譲することについて話した。

  • "プロダクトオーナ”は最悪の発想だ

    プロダクトオーナという役割の是非に、チームの成熟度、組織の成熟度、組織のタイプ、組織の複雑度、さらにはプロダクトオーナ自身など、多くの要素が関係していることは疑う余地がない。一方で一部の思想的リーダは、特にこのVUCA(不安定性、不確実性、複雑性、不明確性)時代において、その役割の機能には疑いの目を向けている。

  • 継続的な組織改革によって企業の急成長に対応する

    急速に成長する企業には、さまざまな規模のさまざまな構造が必要になる。構造、プロセス、役割を繰り返すことで、企業の成長に伴って企業自身を改革し続けなければならない。企業の変革を成功させるには、継続的な学習が不可欠であると同時に、高いレベルの企業規模のアジリティが必要である。

  • 自己組織化チームにおける協調的意思決定

    自己組織化チームにおいて、メンバが持つすべてのポテンシャルを発揮する機会を与えることは、今日の企業が成功を収める上で最良の方法だ、とLorenzo Massacci氏は主張する。Agile Business Day 2019で、氏は、自らを組織化するチームが継続的かつ効率的な意思決定を可能にする方法について講演した。

  • 自律性と説明責任 - Randy Shoup氏の講演”Moving Fast at Scale”より

    WeWorkエンジニアリング担当副社長のRandy Shoup氏はCraftCon 2019で、"Moving Fast at Scale"と題して講演し、イノベーション、ビジネス価値、品質、あるいはチームの自律性といったものを犠牲にすることなく、大規模かつ迅速なチームを作り上げた氏の方法を論じた。

  • DOES London - チームトポロジと認知負荷

    今年ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitでは、組織設計のための実用的と適応性を備えたモデルの提供を目的として、近く出版予定の"Team Topologies"の著者であるMatthew Skelton氏とManuel Pais氏が登壇して、自身の考えを公開した。

  • 自己組織は直感的であるのになぜ採用が難しいのか

    自己組織は難しい。達成するために何が求められているかを理解し、成功は目に見える形で示されなければならない、とAccentureのマネージングディレクタである Micro Hering 氏は言う。彼は自己組織化のために境界を作ること、チームのコンテキストを強化するためにどれくらいうまくやれているのかを示すことを提案した。

  • Tuckmanは間違っている!Doc Norton氏のリチーミングモデル

    Agile India 2019で、Doc Norton氏は、Tuckmanチームフォーメーションモデルが機能しない理由について講演し、現在のアジャイルチームにより適合する、新たなリチーミング(reteaming)モデルについて説明した。リチーミングモデルは組織の改革と学習を促進する、と説明するNorton氏は、チームのパフォーマンス向上につながる4つの基準として、自主性(Autonomy)、つながり(Connection)、卓越性(Excellence),多様性(Diversity)の4つ���挙げた。

  • マネージャのいない組織管理 - セルフマネジメントの実践例

    Doug Kirkpatrick氏がAgile Peopleカンファレンスで基調講演を行い、組織内におけるセルフマネジメント(Self-Management)の採用に必要なものを深く掘り下げるワークショップを開催した。セルフマネジメントとは、機械的な階層や、他者に対する独裁的かつ一方的な命令権限を持たず、従来の管理機能を個人が自由かつ自律的に行うという組織哲学である。

  • 善をなす力としてのソフトウェア- ティールとアジャイル

    ティール組織(teal organisation)はその視点を、より高い目標の定義と存在理由の証明においている。世界に向けて価値を創造するため、人は企業に加わり、定められた目標に向かって自由に働く。ティール企業は完全にオープンで、透過的で、相互に信頼する文化を持たなくてはならない。誰もが安心して、積極的にアイデアを共有し、不安なく失敗できるべきなのだ。

  • クラウドネイティブな継続的デリバリのためのパターンとプラクティス

    RIO — Volkswagenのトラックおよびバス部門 — のチーフアーキテクトであるChristian Deger氏が、先頃ロンドンで開催されたContinuous Lifecycle Conferenceで、クラウドネイティブな継続的デリバリを実装するためのパターンとプラクティスについて講演した。

  • 幸福な文化がハイパフォーマンスを実現する

    ITVのTom Clark氏が2月のDOXLONで講演し、ハイパフォーマンスは幸福なチーム構築の副作用である、という仮説を提唱した。DDO(Deliberately Developmental Organization)の貢献者であるAndy Flemming氏もまた、透明性と学習、個人の成長と幸福を意図的に重視した文化を創造することによる、ビジネスおよび戦略上のメリットの享受について講演している。

  • Ken Schwaber、Jeff Sutherland両氏に聞く - スクラムガイドのアップデートについて

    スクラムガイドが更新された。スクラムのあり方がより反映されるとともに、スクラムに対する誤解が解消されている。スクラムはソフトウェア製品開発に使用できるだけでなく、ソフトウェア以外のさまざまな領域にも適用が可能だ。スクラムは経験主義に基づく継続的改善のためのフレームワークである。各スプリント単位、あるいはさらに高い頻度で出荷可能な製品を用意することが、スクラムの重要な要素だ。

BT