BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ワークフロー/BPM に関するすべてのコンテンツ

  • IT運用のための人工知能(AI) - その概要

    IT運用における人工知能(AIOps)の活用は、ディープラーニング、データストリーム処理、ドメイン知識に由来する高度な手法を組み合わせ、内外のソースから取得したインフラストラクチャデータを分析することによって、運用を自動化し、異常(通常と異なるシステム挙動)がサービス品質に影響を与える前に検出しようというものである。

  • AWSはAWS Step Functionsに新しくWorkflow Studioを導入

    先頃、AWSはStep Functionsで提供される新しいWorkflow Studioを導入した。AWSマネジメントコンソールを介して、開発者はビジュアルビルダにアクセスしてStep Functionsワークフローを作成できるようになった。

  • AWS Step Functionsに同期Expressワークフローが追加

    Amazon Web Services(AWS)は先頃、"Webベースのアプリケーション構築と、短時間動作する多数のマイクロサービスのオーケストレーションを容易にする"ために、同期(synchronous)ExpressワークフローをサポートするAWS Step Functionsを発表した。これにより、最大実行時間が5分に制限され、費用対効果とパフォーマンスに優れたワークフロータイプであるExpressワークフローを、Amazon API Gatewayから、あるいはAPIを通じて直接、同期的に起動することが可能になる。

  • MicrosoftがUI Flowsの一般提供を発表し、ロボットプロセスの自動化を可能にする

    先頃のブログ投稿で、Microsoftは4月2日に、世界の顧客向けにUI Flowsの一般提供 (GA) を発表した。UI Flowsは、以前はMicrosoft Flowと呼ばれていたPower Automateに追加されたもので、自動化とワークフローへの民主化されたアクセスを可能にする。この最新リリースでは、MicrosoftはPower Automateサービスでロボットプロセス自動化 (RPA) 機能を有効にしている。

  • CamundaCon Live 2020: ハイライト

    今年の初め、CamundaはCamundaConを主催した。これは、Camundaのオープンソース製品を中心に展開するプロセス自動化に関するオンラインカンファレンスである。このカンファレンスでは、プロセスの自動化に関する複数のユースケースセッション、自動化とデジタルトランスフォーメーションに関するバーチャルパネル、マイクロサービスのオーケストレーションとCamunda製品と他のテクノロジーとの統合に関する技術セッションが取り上げられた。

  • 高可用性ワークフローエンジンZeebeが実運用対応に

    Zeebeは、クラウドネイティブおよびイベント駆動アーキテクチャで動作する高性能アプリケーションのスケーラビリティ要件を満足し、複数のマイクロサービスにわたるワークフローを低レイテンシ、高スループットのシナリオでサポートするように設計されたワークフローエンジンだ。実運用対応の可能な無償のコミュニティエディションとして先頃、Zeebe 0.20.0がリリースされた。

  • ビジネスアプリケーションにAIを - MicrosoftがAI Builderをプレビューリリース

    先日のBusiness Applications Summit in AtlantaでMicrosoftは、AI Builderという名称で、Power Platformの新たな人工知能(AI)サービスを発表した。この新サービスはローコードアプリケーションやワークフローサービス、エンタープライズクラスのデータストアであるCommon Data Service(CDS)上で実行されるMicrosoft PowerAppsやMicrosoft FlowなどにAI機能を提供する。

  • イベントストリームKafkaとワークフローエンジンZeebe

    先日アムステルダムで行われた合同ミーティングで、Kai Waehner氏は、分散ストリーミングプラットフォームのApache Kafkaについて、その特徴とイベント駆動アーキテクチャの適性を説明した。またBernd Rücker氏は、ワークフローエンジンが複雑なビジネスプロセスを処理可能であることを説明した上で、スケーラブルな新しいワークフローエンジンのZeebeがkafkaとの併用に適していると論じた。

  • マイクロサービスからワークフローへの移行

    JetのOrder Management System(OMS)は当初、タスクを編成するマイクロサービスの集合体として開発されていた。企業が成長するにつれ,このアーキテクチャの問題点も大きくなり,ついに同社は,ワークフローベースのプラットフォームを新たに構築することを決定した。同社のJames Novino氏はブログ記事に,旧システムの課題についての説明とともに,新たなプラットフォームの概要について記している。

  • マイクロサービス統合に共��する落とし穴 - Bemd Rücker氏によるQCon Londonプレゼンテーションより

    マイクロサービスアーキテクチャでは、すべてのマイクロサービスは独立したアプリケーションであり、独自のデータストレージを持ち、ネットワーク上で通信する。これは高度に分散化された環境を構築すると同時に課題も持ち合わせる — Bernd Rücker氏は、QCon London 2018で行ったプレゼンテーションでこのように説明し、マイクロサービス統合に共通する落とし穴と、その解決策としてのワークフローエンジンについて解説した。

  • RockScript: マイクロサービスをオーケストレーションするオープンソースのスクリプト言語と実行エンジン

    Tom Baeyens氏がRockScriptのプレビューをリリースした。マイクロサービスの統合とオーケストレーションのための、オープンソースのスクリプト言語とそのエンジンだ。RockScriptは、JavaScriptによく似た言語をそのエンジンで実行することにより、BPM(Business Process Modelling)と同じような方法で、マイクロサービスシステム内のトランザクション実行のコーディネーションを可能にする。

  • Microsoft FlowがチームとLUISを新たにサポート

    Microsoftは先頃,同社の一般向けワークフローサービスであるFlowで,チームのコントリビュートとフロー管理の一元化を可能にすると発表した。この新しい共有機能は,SaaSとカスタムAPI接続ににも展開される。これらコラボレーション機能に加えて,Gmailおよび同社の言語認識サービスLUISのFlowでのサポートも発表された。

  • Microsoft FlowがGA(General Availability)に到達

    Microsoftは先日,Microsoft FlowのGA(General Availability)を発表した。多くの人気あるオンラインおよびオンプレミスサービスと接続したワークフロー機能を提供する,クラウドベースのオートメーションプラットフォームだ。プレビュー版以来,61,000以上の組織の117,000人を越えるユーザが,このサービスを利用して自身のビジネスプロセスを自動化している。

  • Microsoftが一般向けクラウドワークフローツール”Flow"を提供

    Microsoftは2016年4月27日,Flowという名の新しい個人用ワークフローツールを発表した。一般的なSaaSベースサービス間の作業を統合することによる,個人作業の自動化に焦点を当てた,“IFTTT”風のツールだ。

  • かんばんを使ったITホスティング - 保険会社のケーススタディ

    Odile Moreau氏がLean Kanban Benelux 2015カンファレンスで,ある大手保険会社のアジャイル移行をケーススタディとして発表した。同社はITホスティングのチームを対象に,かんばんを採用したアジャイルの導入に着手している。InfoQは氏にインタビューして,同社の状況やかんばんを選択した理由,作業フローを管理し調整する上でかんばんをどのように利用しているかなどに加えて,かんばん導入から氏が得た教訓についても聞くことができた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。