BT

InfoQ ホームページ XMLスキーマ に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoft Sync Frameworkの紹介(再掲)

    8月に、我々はMicrosoft Sync Frameworkのリリースについて報告した。妙な話だが、Microsoftは最近これを再びリリースした。この奇妙な出来事に敬意を表して、我々はこの混乱したフレームワークについて持っている情報を引き続き紹介することにする。

  • Atomの真価?

    最近のInfoQ記事で、Bill Burke氏はAtomの価値、具体的にはSOAPの「魅力的な代替」であるかについて尋ねている。Bill de hOraはその質問に答えようとしている。

  • .NET世界でのAtomPub

    .NET 3.5 SP1の出現およびMicrosoftがLive Platformで提供されるサービス向けにAtom Publishing Protocol(AtomPub)をサポートする決定をしたことで、.NETの世界でAtomPubは勢いをつけている。また、WCFおよび.NET向けのAtomPubサーバであるBlogSvc.netは、プロバイダーモデルに基づいたAtomPubプロトコルの実装を特色にしている。

  • Googleがバイナリエンコード形式「Protocol Buffers」を公開

    Googleは最近、データ交換フォーマット「Protocol Buffers���をオープンソースとして公開した。その平凡な名前の裏には、とある要素が隠されている。

  • WfXML-R: RESTベースのプロセス統合

    最近、Patrice Cappelaere氏は、WF-XML 2.0に対しRESTfulバインディングを提供するというイニシアチブがWorkflow Management Coalition(WfMC)によって受け入れられたことを発表した。それが、WfXML-Rである。

  • セマンティックウェブとオントロジ技術は拡大を続けている

    オントロジとオントロジカル・マネジメントは、組織内にエンタープライズアーキテクチャが広がるに従って人気を得るようになってきた。ツールのサポートがより充実し、セマンティックとオントロジのコンセプトへの理解が進むにつれ、技術に寄与する人の数が増えてきた。

  • Apache Abdera: Atom、AtomPub、およびJava

    Apache Abderaプロジェクトは現在「インキュベーション」段階にあるが、最近0.40マイルストンに到達し、「グラデュエーション(卒業)」への重要な一歩を踏み出した。InfoQは、Abderaのコア開発者であるIBMのJames Snell氏とMuleSourceのDan Diephouse氏の2人と、Abdera、Atom、AtomPubについて話す機会を得た。

  • Microsoftが主張:Atom Publishing ProtocolがWeb APIの今後の方向性を決定付ける

    Microsoftは、MicrosoftのWeb上のLive Platformで提供されるサービスのため、Web Structured, Schema’d & Searchable (Web3S)プロトコルからAtom Publishing Protocol (AtomPub)へ転換する。

  • XMPPはクラウドサービスの将来像か?

    プッシュアーキテクチャ対プルアーキテクチャの議論が再び活発になってきている。この発端は、Jive SoftwareのCTOであるMatt Tucker氏が、次のように、XMPPのプッシュベースアプローチがクラウドサービスの将来像であると宣言したことだ。

  • Apache Tuscany Java 1.1リリース:SCA がWeb 2.0と出会う

    先日Java SCAプロジェクト1.1のリリースを発表した。JMSバインディングや改良されたポリシーサポートを含む多くの機能が追加された。また、SCAコンポーネントを実行可能なテクノロジーとして、JSONRPCやAtomバインディングを使用しAjax形式の実装を簡略化するクライアント側のJavascriptアプリケーションを表現する実装拡張機能もサポートしている。

  • SOA結合の7つの側面

    SOAアナリストファームでシニアアナリストを努めるRon Schmelzer氏は、”完全なる疎結合はもし可能であれば驚くほど困難で高額なものである。”と述べている。最近の掲載記事でSchmelzer氏はシステムは疎結合であるかもしくはそうではないという信念を問うている。疎結合の重要性はしばらくの間周知のものであったが、この記事にまつわる話題はいくつか興味深いディスカッションへと発展した。

  • SOAにおけるData Services: 課題と可能な解決策

    Data ServicesはSOAにおいて次第に人々の興味を惹きつけている。David Webber氏はAWSを定義する困難とContent Assembly Mechanism(CAM)を使用したソリューションに関して解説している。

  • RELAX-NGを使うほうがよいのでは?

    RELAX-NGは一般的に知られているDTDやXSDよりも単純でエレガントな特徴をもったもう1つのXMLスキーマ定義言語である。特にW3C XML SchemaについてはTim BrayらXMLの専門家が次のようにコメントするなど、複雑すぎるとの声があがっている。

  • W3CがXMLスキーマ1.1のバージョンアップのアップデートを公表

    The W3Cがスキーマバージョンアップに関するXML Schema1.1の新たな機能を記したバージョンアップガイド"Guide to Versioning XML Languages Using new XML Schema 1.1 features"のアップデートを公表した。Webサービス実践者にとっての利点をもたらし、また良きガイドライン、1.1がリリースされた際の実践としてとても有効なものとなっている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。