BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Community に関するすべてのコンテンツ

  • JRelaser 1.0:アーリーアダプタに聞く

    JRelaserは、それ自体のリリースに使用することを通じて、ユーザエクスペリエンスの直接的な理解を深めてきた。その過程を通じて、他のプロジェクトにも導入されるようになった。InfoQは今回、JReleaserのエクスペリエンスと安定性について理解するべく、その開発に関わってきた開発者たちの声を聴いた。

  • ソフトウェアエンジニアリングのプロに関する職場の課題と機会

    スキルの不足、大量の辞任、リモートおよびハイブリッド作業、COVID-19の継続的な影響、ソフトウェアプロフェッショナルに対する需要の高まりに関する分析および調査が、過去数か月にわたって行われた。そして、現時点におけるソフトウェアエンジニアリングのプロフェッショナルにとっての課題と機会の両方がわかった。必要なスキルを備えた人材を見つけて保持すること、リソース制限、顧客需要の増加、ハイブリッドな職場によって変化が促進されている。

  • Amazonがre:Post(AWS用の「Stack Overflow」)を導入

    re:InventでAmazonはre:Postを発表した。これは、AWS Forumsに代わるQ&Aサービスであり、AWSの技術的な質問に対する不特定多数の人の寄与による回答や、専門家にレビューされた回答を提供できるように設計されている。

  • ハイブリッドワークアプローチの”大きなパラドックス”は今後10年の課題となるか?

    パンデミックはオフィスを自宅へと移動させた。医療システムがそれを根絶して元の生活を取り戻そうとしている一方で、我々もニューノーマルがどのようなものになるかを理解する必要がある。可能になればすぐオフィスに戻るという一部のリーダや、メインアプローチとして完全リモートアプローチを採用する人たちもいるが、ハイブリッドアプローチが多くの人たちにとってのニューノーマルになるだろう。

  • 自己不信やインポスタ症候群から脱却し、テクノロジにおける多様性のメリットを見出すまで

    Charu Bansal氏は、自身が非技術的なバックグラウンドを持っていることから、そのキャリアにおいて、自分がセキュリティに関する価値を提供できないのではないかと不安を持つ、インポスタ(詐欺師)症候群に度々陥っている。The Diana Initiative 2021で行った講演の中で氏は、非技術系のキャリアから情報セキュリティの分野に転向したことによる多様な観点を持つことが、困難なセキュリティ問題を解決する上でいかに役に立ったか、という話をした。

  • ハイブリッドリモートワーク設定のリモート従業員エクスペリエンスのアセスメント

    雇用主と従業員は、オフィスに戻る準備を始めている。オプションの1つは、場所、時そしてどのように働くかに関して、個人の好みをサポートすることを目的としたハイブリッドリモートワーク設定だ。Kaleem Clarkson氏によると、リモートの従業員の経験を評価することは、職場の柔軟性ポリシーの決定を下すのに役立つとのことだ。

  • Covid-19からDevOpsが学んだこと

    パンデミックへの対応は、人々がハイブリッドな環境において、いかに生産性を確保し続けられるかを示してみせた。それはすべて、2020年3月以降に私たちが学んだものだ。世界中に分散した人たちにも包括的かつ生産的な業務が可能であることを、たくさんの組織が実証してみせたのだ。

  • 根本的な不確実性が人々に与える影響

    人間は確実性を求める。それは安心感を与えるためである。パンデミックが人々を混乱させたため、突然完全にチームが分散してしまった。Kara Langford氏によると、根本的な不確実性により、人々は危険にさらされていると思い込み、健康問題につながる可能性がある。人々は異なる反応をする。不確実性は、新鮮なアイデア、革新、社会的利益につながることも示されている。

  • デザインスプリントとUXワークショップを仮想空間で行う

    デザインスプリント(Design Sprint)とUXワークショップは、リモートホワイトボードとコミュニケーションプラットフォームを組み合わせて使えば、仮想空間で行うことが可能になる。この方法には、国境を越えた専門家を迎えられる、リモートの参加者を募ることができる、移動を少なくできる、カーボンフットプリントを縮小できる、コストを抑えられる、といったメリットがある。

  • COVIDノーマル後はハイブリッドな作業環境になる

    Microsoft Work Trend Reportは次のことを指摘している。ニューノーマルの柔軟でハイブリッドな仕事、リーダは従業員と連絡が取れず、労働力が枯渇し、イノベーションが危険にさらされ、ネットワークが縮小し、生産性と幸福を促進するための信頼性が必要であり、Z世代の大きなネガティブな影響。このレポートは、これらの課題やその他の課題を克服するための今後の方向性を示すための具体的なアドバイスを提供する。

  • 仕事以外の場でテストスキルを磨く

    テスト方法をゲームにする(gamify)、テストプラクティスのコミュニティにオンライン参加する、仮想旅行する — これらはいずれも、テスト技術を向上させるために仕事以外の時間で行うことのできるアクティビティの例だ。世界中のテスタたちとともに継続的な学習を実践して、学んだことを職場に持ち込み、チームのメンバたちと共有して、テスト手法を改善することが可能になる。

  • Manuel Pais氏のCOVID-19の中のTeam Topologies

    Team Topologiesの共著者であるManuel Paisは、先頃、トポロジを使用して階層構造から権限を与えられたチームに移行したCapra Consultingのリーダと話をした。ジャーニーについてレポートし、COVID-19のコンテキストでTeam TopologiesについてPais氏に話を聞いた。

  • Facebook、COVID-19患者の経過を予測するAIモデルをオープンソース公開

    Facebook AI Research(FAIR)のチームとNew York University(NYU) School of Medicineは共同で、胸部X線を使ってCOVID-19患者の予後予測を行うディープラーニングモデルを開発した。比較調査の結果では、このモデルは人間の放射線科医を上回っており、病院における酸素吸入や集中治療の需要予測を支援するために使用できる。

  • 2021 State of Testing Survey - 参加者募集

    2021 State of Testingサーベイの目的は、テスト業務の発展状況に関する洞察を提供し、テストプラクティスの採用やテストに関するトレンドを理解することにある。サーベイは12月を通して実施される。

  • プライバシーを保護するコンタクト追跡ソリューションを可能にする Secure Multiparty Computatio

    現在のCOVID-19パンデミックは、さまざまな暗号化アプローチに基づいて、コンタクト追跡アプリを実装するためのいくつかの取り組みを促進している。InfoQは、暗号とセキュリティのHashiCorpプリンシパルプロダクトマネージャであるAndy Manoske氏と話をし、Secure Multiparty Computationと、さまざまなソースからの個人データのプライバシー保護分析を可能にする方法について学んだ。

BT