BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ IoT に関するすべてのコンテンツ

  • CanonicalがIoTデバイスと組み込みシステム向けのUbuntu Core 20をリリース

    Canonicalは、IoTデバイスと組み込みシステム向けのUbuntu 20.04 LTSの最小コンテナバージョンをリリースした。Ubuntu Coreは、業界および消費者向けデバイスのためのオペレーティングシステムである。x86コンピューターとARMコンピューターの両方で使用できる。以前のCoreオペレーティングシステムに対して追加された機能は、セキュアブート、フルドライブ暗号化、セキュアデバイスリカバリである。

  • Raspberry Picoマイクロコントローラの実現する多様性と小型ファクタ

    Raspberry Pi Foundationは先頃、独自に設計したPR2040チップをベースとする、小型で安価なマイクロコントローラボードのPicoをリリースした。PR2040はクロック133MHzの2つのARMコア、264KBの内蔵SRAMを持ち、2MBのQSPI Flashを接続できる。幅広く柔軟なI/Oオプション(I2C、SPI、PWM、独自の周辺機器をサポート可能な8つのプログラマブルI/Oステートマシン)を備えており、さまざまな分野での使用が可能である。

  • AWSがAWS Iot Greengrassの新しいバージョンを発表

    最近、AWSは、毎年開催されるre:Invent中に、IoT Greengrassエッジランタイムとクラウドサービスの新しいバージョンを発表した。最新バージョン2.0は、構築済みのソフトウェアコンポーネント、ローカルソフトウェア開発ツール、そして、大規模なフリートデバイス上のソフトウェアを管理するための新機能と共に提供される。

  • GoogleがAndroid Thingsを段階的に廃止

    Googleは先頃、Android Things IoTプラットフォームの段階的廃止を発表した。2021年1月5日以降、新しいプロジェクトは受け付けられなくなり、2022年にはすべてのプロジェクトでAndroid Thingsコンソールが使用できなくなる。

  • MozillaがIotを解放、WebThings Iotプラットフォーム自体は継続に

    David Bryant氏は先頃、Mozilla WebThingsがWebThingsになり、Mozillaの傘を離れて、独立したコミュニティ主導のオープンソースプロジェクトになることを発表した。プロジェクトのWebサイトも、Mozilla IoT Webページから独自のWebページ (webthings.io) に移動する。この移動により、Mozillaが引き続き再構築に注力している間、WebThingsユーザベースの運用の継続性が保証される。

  • WebAssemblyでホットリローディング、リモートデバッグ、統一的なハードウェアアクセスを実現する

    先頃発表されたWARDuinoは、マイクロコントローラをターゲットにしたWebAssemblyの拡張である。ライブコードアップデート、リモートデバッグ、マイクロコントローラのハードウェアモジュールへのアクセスといった機能を加えることにより、開発上の一般的な問題に対処する。WARDuinoの仮想マシンは、一部のベンチマークにおいて、Espruino(一般的なマイクロコントローラ用JavaScriptインタプリタ)の5倍の速度で動作している。

  • セキュアなIoTプラットフォームのAzure SphereがGAに到達

    先日のブログ記事でMicrosoftは、エンドツーエンドIoTセキュリティプラットフォームAzure SphereのGA(General Availability)を発表した。マイクロコントローラユニット(MCU)、Linuxをベースとしたセキュアなオペレーティングシステム(OS)、ソフトウェア・アップデートや新たな脅威の検出などのクラウド・セキュリティサービスの提供、という3つの重要領域にフォーカスしたプラットフォームだ。

  • "AWS IoT Day"要約 - 8つの強力な新機能

    AWS re:Inventの事前発表のひとつとして、Amazonは、同社のIoTプラットフォームの8つの新機能を公開した。Secure Tunneling、Configurable Endpoints、Custom Domains for Configurable Endpoints、Enhanced Custom Authorizers、Fleet Provisioning、Alexa Voice Service(AVS)インテグレーション、AWS IoT Greengrassの拡張だ。

  • MicrosoftがIoT Plug and Playをプレビューリリース、デバイスの接続が簡単に

    先日のブログ記事で、Microsoftは、Digital Twin定義言語に基づく公開機能モデルを通じたデバイス統合を簡素化する、IoT Plug and Playのプレビューを発表した。デバイスの製造者がこの機能モデルを組み込んだ製品には、Azure Certified for IoT Device Catalogの表示が認められる。

  • ロボットをもっとインテリジェントに - MicrosoftがAutonomous Systems Platformをリリース

    先日シアトルで開催されたBuildカンファレンスで、Microsoftは、限定プレビューとして、産業用自律システムの構築を目指す開発者や企業を支援する、エンドツーエンドのツールチェーンを発表した。このプラットフォームには、インテリジェントロボットシステムによる自律型フォークリフトなどのタスク遂行や、ロボット化された検査プラットフォームを実現する、ティーチングツールとシミュレーション技術が含まれる。

  • IoTセマンティクステストのためのオープンソースのテストウェア: Eclipse IoT-Testware

    プロジェクトEclipse IoT-Testwareは、モノのインターネット(IoT)ソリューションを開発する業界と企業向けに、オープンソースのテストツールとプログラムを無償で提供している。TestCon Moscow 2019では、Fraunhofer FOKUSのシニアサイエンティストであるAxel Rennoch氏が、IoTの品質保証について講演した。

  • Rancher Labsがエッジ,IoT,電話プラットフォーム用の軽量Kubernetesディストリビューション"k3s"をリリース

    Rancher Labsが新しいオープンソースプロジェクトのk3sを発表した。エッジやIoTロケーション,電話や製造システムといった,リソースの制限された環境での運用のために最適化された,軽量なKubernetesディストリビューションだ。

  • Microsoftが仮想マシンでのAzure IoT Edgeのサポートを発表

    先日のブログ記事でMicrosoftは,仮想マシンでのAzure IoT Edgeのサポートを発表した。この新機能により,VMware vSphereとHyper-Vを含むMicrosoftの仮想プラットフォームのサポートが拡大される。これら仮想プラットフォームを使用することで,ユーザはAzure IoT Edgeの運用を,Windows,さまざまなLinuxディストーション,コンテナから選択できるようになる。

  • StackPointCloudがクラウドネイティブ管理プラットフォーム内のIstioとKubernetesの機能を拡張

    IstioとKubernetesのクラウドネイティブ管理プラットフォームであるStackPointCloudが、企業のマイクロサービスおよびコンテナのデプロイと運用を支援するツールセットを新たに加えた。これにより、任意のクラウドプロバイダを使用したKubernetesクラスタ全体のIstioサービスを管理できるようになる。さらに同社は、KubernetesクラスタでのARM使用を支援すべく、Packet Hostと提携した。

  • Google CloudがCloud IoT Coreのパブリックベータをリリース

    Google Cloudは、Cloud IoT Coreサービスのパブリックベータをリリースした。フルマネージドのIoTメッセージングおよびデバイス管理を提供する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。