BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ IoT に関するすべてのコンテンツ

  • MicrosoftがAzure Time Series Insightsに根本原因解析の追加とTime Explarationのアップデートを実施

    Microsoftは今年4月、同社のAzure Internet of Things(IoT)プラットフォームのアップデートを発表した。その中でInfoQが注目した発表のひとつが、Azure Time Series Insight(TSI)の登場だ。MicrosoftのTime Series Insightsサービスは現在公開プレビュー中で、最近ではRoot Cause Analysisなどの新機能の追加や、Time Explorationのアップデートなどが行われている。

  • GoogleがIoTレースに参加、Cloud IoT Coreのプライベートベータをローンチ

    Googleはブログ記事で、Google IoT Core platformのプライベートベータを発表した。顧客はこのIoTプラットフォームで、デバイスをGCP(Google Cloud Platform)に安全に接続し、他のデータ解析サービスと統合することができる。顧客はそのデータを使って、組織にアクション可能なインサイトを提供し、ビジネス成果を改善することができる。

  • 複数のDNSプロバイダを使ったDDoS攻撃軽減

    ドメインネームシステム(DNS)プロバイダーに対する分散型サービス拒否(DDoS)攻撃は、安全でないIoTデバイスの増加に伴い、その数と規模が増加している。DNSプロバイダは、このような攻撃からWebサイトを守るさまざまな方法を提供しているが、Webサイトを保護する方法の1つは、複数のDNSプロバイダを使用することである。

  • GoogleはAndroid ThingsでIoTを狙う

    GoogleはAndroidとそのエコシステムをIoTデバイスの開発に持ち込もうとしている。開発者はモバイルアプリを開発するのと同じようにIoTデバイスの開発ができるようになる。

  • OCFとAllSeen Allianceが合併,ひとつのIoT標準をサポート

    OCFとAllSeen Allianceは一致協力してIoTivityを促進する。

  • IBMがコグニティブ・コンピューティングのための相変化メモリによる人工ニューロンの開発に成功

    チューリッヒのIBM Researchにて,科学者チームが相変化材料(phase-change materials)を使用し,データの保持と処理が可能な人工ニューロンを開発した。 これら相変化ベースの人工ニューロンは,ビッグデータ(イベントベース・データのリアルタイム・ストリーム)におけるパターン認識や相関の発見に利用できる。また,教師なし学習を高速かつ小エネルギーで実施することができる。

  • SamsungがクラウドプロバイダのJoyentを買収

    SamsungがパブリッククラウドプロバイダのJoyentを傘下に収めた。コンテナネイティブなクラウドプラットフォームと自らを位置付けている企業だ。今回の買収でSamsungは,クラウドにおける当面の存在感を確保すると同時に,同社のコン���ューマ向けデバイスをサポートする統合型バックエンドプラットフォーム構築の可能性を手に入れた。両社にとって最大の潜在的魅力は,モノのインターネット(Internet of Things / IoT)におけるエンド・ツー・エンドのエクスペリエンスを提供する能力が手に入ることにあるかも知れない。

  • OCFがThread上で使用できるようになる

    Thread GroupとOpen Connectivity FoundationはOCFのアプリケーション層がThreadと互換性を持つようにすることで合意した。ThreadはIoTネットワークのプロトコルであり、AlphabetのNestにより初期の開発が行われた。

  • VMwareがオープンソースのIoTゲートウェイアプリケーション開発フレームワーク"Liota"をリリース

    VMwareは,開発者を対象としたLiota(“Litte IoT Agent”)フレームワークをリリースした。IoTデバイスと,その入力データストリームを解析してリモートデバイスをコントロールするクラウドアプリケーションとのゲートウェイ通信をセキュアに統合するアプリケーションを,容易に開発できるようにするためのフレームワークである。

  • 高度なソフトウェアシステム開発の提供におけるテクノロジとトレンド

    Software-Centric Systems Conferenceは,新たなテクノロジやトレンド,複雑なソフトウェアシステム開発の経験を探るカンファレンスである。InfoQはプログラム委員会のメンバであるRob Howe, Martjin Rutten両氏から,ソフトウェア開発が面している主な課題,テクノロジ開発,イノベーションの促進について,プロセスの信頼性向上と価値提供のためのアジャイル展開,などについて話を聞いた。

  • Nest、Threadをオープンソース化

    NestがThreadプロトコルのソースコードをGitHubで公開した。

  • SamsungとCodenvyがArtik IDE for IoTをリリース

    今日のSamsung Developers Conferenceで,Codenvyは,Samsung Artik IoTデバイスのアプリケーション開発が可能なSamsung Artik IDEの最初のパブリックリリースを発表した。

  • OSF, AllSeen, Microsoftの見るIoTの未来

    IoT接続ソリューションの標準化を目指す,主要なグループが3つある - OCF,AllSeen Alliance,そしてThread Groupだ。彼らはそれぞれ別の道を歩むことになるのだろうか,それとも,ひとつに収斂して,すべてのIoTデバイス間コミュニケーションが標準化される日がくるのだろうか?

  • IoTの通信セキュリティの問題解決を目指すスタートアップ - Afero Platform

    スタートアップのAferoは,IoT(Internet of Things, モノのインターネット)のセキュアな接続に必要なハードウェアとソフトウェア両方の需要に対処すべく,新たなプラットフォームをローンチした。このプラットフォームは,Aferoクラウドにインターフェースしたモバイルフォンと通信するセキュアなBluetoothスマートモジュールを通じて,IoTデバイスとインターフェースする。Bluetoothスマートモジュールノードとクラウド間の通信はすべて暗号化される。

  • IoTのクラウドインフラストラクチャを提供するWia

    Wiaは,IoT(Internet of Things, モノのインターネット)ソリューションに,スケーラブルでパワフルなバックエンドを提供することを目的とした,クラウドプラットフォームだ。創設者でCEOのConall Laverty氏によれば,サーバ管理やデータレプリケーション,ストレージといったことを気にすることなく,実用レベルの本格的なソリューションを開発することができる。詳しい内容を氏に聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。