BT

InfoQ ホームページ ライセンス に関するすべてのコンテンツ

  • OSSライセンスの遵守を簡単にするGitHub Licensed

    GitHub Licensedは、オープンソースのツールであり、GitHub上のプロジェクトの依存物のライセンスの正しさの保証とドキュメント化に関する雑務を単純にしてくれる。

  • GitHubとFacebookがAtom-IDE開発で協力

    GitHubとFacebookはチームを組んでAtom-IDEをリリースした。Atomエディタをより多機能にする、パッケージのコレクションである。開発の多くはFacebookのNuclideプロジェクトから取り入れているが、そのライセンスと競合他社の対応がAtomの将来を不確定なものにしている。

  • FacebookがReactのオープンソースライセンス変更を拒否

    Apache Foundationは先頃、FacebookのBSD+PatentsオープンソースライセンスのApacheプロダクトへの導入を認めないと発表した。この決定は、React開発者の間に失望と多くの内省を促したが、Facebookは決定の再考を拒否している。

  • Facebook、ReactをMITライセンスに変更

    Facebookは、ReactのライセンスをBSD+PatentsからMITに変更することを決めた。ApacheプロジェクトにReactを組み込めるようにし、オープンソースコミュニティとの不安定な関係を回避するためだ。

  • Dockerコンテナ上でのJavaの実行はライセンス違反なのか?

    先日のブログ記事でHenn Idan氏が,Oracle Javaをコンテナで使用することはOracleのライセンス契約に違反しているのではないか,という問題を提起した。開発者にとってこれは懸念すべき問題なのだろうか?InfoQが調査した。

  • GoogleとMPEG LAがVP8を巡る論争に終止符

    GoogleはMPEG LAの所有する,VP8に不可欠なアルゴリズムのライセンスをすべて取得した。合わせてサードパーティ開発者に対してVP8をロイヤリティフリーでサブライセンスする権利も獲得し,VP8コーデックの広範な採用に向けて道を開いた。

  • Oracle対Googleの審理

    Oracle対Googleの審理で、Googleの会長であるEric Schmidt氏は同社がJavaのライセンスのためにSunに求められた30万ドルから50万ドルを払う用意があったと発言した。GoogleはSunが求めた金額は拒否しなかったが、Androidをより自由に扱いたかったという。

  • Oracle vs Google 裁判で注目される Java API

    Oracle と Google の裁判が先週から始まっている。10 億ドルの損害賠償を請求する Oracle 側の主張の中心は,Android で使用されている 37 の Java API が Java プログラム言語の著作権を侵害している,というものだ。Google は 「API は著作権で保護されない」と主張するとともに,今回の訴訟を,Oracle 自身が Java ベースのスマートフォンプラットフォーム構築に失敗したことへの対応策である,と位置付ける考えだ。

  • 特許制度は崩壊したのか?

    Googleの特許弁護士であるTim Porter氏は、San Francisco Chronicleの最近のインタビューで特許制度自身は崩壊していると主張した。特許事務所は世界中で、漠然として、曖昧で、革新的でない“革新”の保護を行っている。その結果、IT産業は現在、いくつかの大きな企業が競合相手を攻撃するための武器として主に活用している終わりのない特許裁判に直面している。

  • Sonatypeが企業のオープンソース利用を把握するための製品を発表

    Maven開発で指導的役割を果たしているSonatypeはSonatype Insightを発表し、組織のオープンソースの利用と監査を支援する企業の仲間入りを果たした。このようなサービスを提供する会社は増加している。

  • VMware が vFabric クラウドアプリケーションプラットフォーム5を発表,ライセンス方式とデプロイメントを簡略化

    VMware は本日,今夏の終わりに出荷予定の vFabric クラウドアプリケーションプラットフォーム次期バージョンのライセンスモデルを,VM 単位のものに変更すると発表した。今回のプラットフォームには Spring tc Server で動作する Java アプリケーションの柔軟なメモリ管理と,Spring アプリケーションのパフォーマンス監視を実稼働時に行う Spring Insight ベースのツールが加えられている。

  • Android Java に著作権侵害はあるか

    金曜日に投稿された記事で,Android のソースツリーには他者が所有権を持つコード,あるいは逆コンパイルされたコードが他にも存在する,と指摘されている。これは Oracle と Google の訴訟にどのような影響を及ぼすだろうか。

  • Apple が iPhone 開発を開放

    Apple は今日,同社が "開発者の意見を受け入れて","最終的なアプリケーションがコードのダウンロードを行わない限り,iOS アプリを作成するための開発ツールに関するすべての規制を緩和する予定である" と発表した。同時に "提出されたアプリの審査方法について開発者の理解を得るために,App Store レビューガイドラインを初めて公開する” とも発表している。

  • クラウドコンピューティング向けの新しいPHPライセンスオプション

    Zend社は、クラウドコンピューティングをサポートするために、PHP製品向けに「Unlimited Subscription」ライセンスオプションを先日発表した。仮想化とクラウドコンピューティングの技術は、伝統的なソフトウェアライセンス形態(ユーザ毎のライセンス、サーバ毎のライセンスなど)に大きな課題を突きつけている。なぜなら、どちらの技術を使っても、実行されるインスタンスの数が動的に変化するからだ。Zendは、この問題に対する解決方法を提案している。

  • iPhone 開発ライセンス変更への反応とその結果

    ある 報告 によると,Apple が iPhone の開発ライセンスを変更して,Objective- C,C,C++ 以外の言語で記述されたアプリケーションや “中間言語や互換性レイヤ,あるいはツールを通じて” API にアクセスするアプリケーションが禁止されることになるという。反響は大きく,産業界に波紋を広げることになりそうだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。