BT

InfoQ ホームページ Web Servers に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoft PowerAppsがGA(General Availability)に到達

    6ヶ月のプレビュー期間を経て,Microsoftのクロスプラットフォームなビジネスアプリケーションの構築サービスであるPowerAppsがGA(General Availability)に到達した。6つのリージョンと42の言語を対象として,実運用可能なバージョンが99.9%のSLAで提供される。

  • Next.js: ReactベースのシンプルなUniversal JavaScriptフレームワーク

    Next.jsはReactベースのUniversal JavaScriptフレームワークだ。シンプルなセットアップを持ち、Reactコンポーネントモデルを拡張して、サーバーベースのコンポーネントレンダリングにクライアントでレンダリングを継続できる機能を提供する。

  • Tomcat 9におけるJava EE 8中断の影響がSpringOneで強調された

    Mark Thomas氏(markt@apache.org)は、 今週ラスベガスで開催されたSpringOneプラットフォームカンファレンスの初日にApache Tomcatのロードマップを更新した。そこで彼は進行中のJava EE 8の遅れの事実を指摘した。以前InfoQでも強調したことである。またApache Tomcatチームで起こっている問題でもある。

  • ウェブサーバ、ウェブ開発ライブラリのSuaveがリリース

    .NET向けの新しいウェブ開発ライブラリであるSuave 1.0がリリースされた。Suaveは軽量で非同期のウェブサーバとHTTPを処理するパイプラインを記述するセマンティックなモデルを提供する。SuaveはWindows、OSX、Linux、.NET、Monoなど複数のOS、プラットフォームで動作する。どのような.NET言語からも使えるが、Suaveのコンビネータと型はF#から使われるように設計されている。

  • WSO2がIoT処理のオーケストレーション機能を強化

    オープンソースミドルウェアベンダのWSO2が同社プラットフォームの新機能として,IoT(Internet of Things, モノのインターネット)のアプリケーション管理とデータ処理を発表した。今回の拡張にはMQTT(ライトウェイトなM2M/IoTパブリッシュ/サブスクライブ接続プロトコル),Activiti BPM(Business Process Management)プラットフォーム,Open DataのOData 4.0プロトコルのサポートなどが含まれている。

  • デシリアライズを利用したリモート実行可能な Java ゼロデイエクスプロイット

    Foxglove Securityの最近の分析によると、デシリアライズするアプリケーションにはゼロデイエクスプロイットの脆弱性があるという。OpenJDK, Apache Commons, Spring や Groovyといったライブラリが該当しており、InfoQ が調査を進める。

  • 成功を乗り越えて

    チームの成功をある種の失敗と捉える��とは稀だが,目標以上のものを求めれば,基本的なソフトウェアやインフラストラクチャニーズを無視するのと同じ位の危険を伴う。Mark Simms氏とMark Souza氏は,彼らがこれまで見たアンチパターンを紹介し,あなた自身の成功とアーキテクチャ上の勝利を両立する最善の方法のいくつかを論ずる。

  • Azure Toolkit for EclipseがWebSphere LibertyとApplication Insightsを新たにサポート

    Microsoft Open TechのJava開発チームは,Azure Toolkit for Eclipseの最新バージョンをリリースした。IBM WebSphere LibertyとMicrosoft Application Insightsをサポートする。Githubで提供されるAzure Toolkit for Eclipse with Javaは,Microsoft Azure上でJavaプロジェクトの開発,テスト,デプロイを行うためのプラグインである。

  • FacebookがHTTPフレームワークProxygenをオープンソース化、SPDY 3.1をサポート

    Proxygenの背景にあるアイデアは、Apacheを置き換えるものではなく、Webサービスを提供する既存のアプリケーションに組み込むことのできる特別に高性能なWebサーバを作れるようにすることだ。これはもともとFacebookがproxyサーバ(名前はここから来ている)を構築するために2011年に始めたものだ。そのプロジェクトが進化し、実環境における何年ものテストを経て、今回オープンソース化された。

  • IBMのNick O'Leary氏がNode-REDで「モノのインターネット」をデモ

    Nick O'Leary氏は先回のQCon Londonで,モノのインターネット(Internet of Things / IoT)に注目したオープンソースプロジェクトのNode-REDを発表した。IBMのEmerging Technologyチームが開発したこのプロジェクトは,"ハードウェアデバイス,API,オンラ���ンサービスが画期的な方法で結合された"仮想環境をブラウザ上で実現する。

  • Dart 1.3のパフォーマンスはNode.jsと同レベルに

    GoogleのDartチームがDart SDK 1.3を発表した。これには非同期サーバサイドコードのパフォーマンス改善が含まれており、Dart VMは別のGoogleテクノロジーであるV8エンジンを使ったNode.jsと同レベルになったようだ。

  • Project Helios: IIS上のASP.NET OWINベースのWebホスト ランタイム

    Microsoftは、Heliosと呼ばれるIIS上で実行される軽量なOWINベースのWebホストをリリースした。

  • WildFly 8についてJason Greene氏へのインタビュー

    Red HatのJBoss部門はWildFly 8を発表した。WildFly 8は以前はJBoss Application Serverという名で知られていた製品だ。InfoQはWildFlyのリードを努めた、Red HatのJBoss部門のJBoss EAP Platform ArchitectであるJason Greene氏にこの新しい製品について話を聞いた。

  • GlassFish Commercial Editionの提供が終了

    Oracleは先頃,Java EEとGrassFish Servcerに関するロードマップの最新版を発表した。2013年7月12日にリリースされたJava EE 7に合わせて,GlassFish Server Open Source Edition 4の提供が開始されたが,今週になってOracleは,Glass Fush 4の商用サポートバージョンを提供しないことを明言した。GlassFish 4はJava EE 7のリファレンス実装であり,Java EE 7認証を受けた唯一のアプリケーションサーバだ。

  • Phusion Passengerアプリサーバ、Node.jsをサポート

    もともとRubyをターゲットにしていた人気のあるWebアプリケーションサーバ、Phusion PassengerがNode.jsアプリをサポートした。この機能は今年初めに、Passengerのエンタープライズ版で取り入れられたが、フリー版の4.0.21リリースでオープンソース化された。Phusion PassengerはNode.jsにスケーリング、統計情報、監視、マルチテナント性をもたらす。InfoQはPhusionのCTO、Hongli Lai氏に話を聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。