BT

InfoQ ホームページ ビジネス/ITアライメント に関するすべてのコンテンツ

  • PlutoraのJeff Keyes氏に聞く - バリューストリーム・マネジメントの変革的影響

    Enterprise Management Associates(EMA)は先頃、DevOps 2021の調査結果を公開した。その中では、VSMベンダへの市場参入が2020年内に50パーセント近く増加するという予測とともに、それらVSMベンダが期待に応えられていない点が示唆されている。VSM採用に関わるもの、VSMの持つ変革的影響、失敗の可能性などの理解を深めるべく、代表的なVSMプラットフォームプロバイダのPlutoraに話を聞いた。

  • Volkswagenのソフトウェア主導企業への変革

    Volkswagenが同社のソフトウェア開発方法を変革しようとしている。自身の開発スキルを取り戻し、新たなテクノロジとメソッドに基づいた新製品の開発に重点を置いているのだ。使用するテクノロジはチームが独自に決定する。

  • デジタル文化によるデジタル変革の促進

    デジタル文化(Digital Culture)は、デジタル変革の重要な要素だ、最先端の競争力を維持するために生産性と革新性を高めてくれる — Aisling Curtis氏は言う。Women in Tech Dublin 2019で氏は、仕事の未来と、デジタル変革においてデジタル文化が果たす役割について講演した。

  • USCISはITとビジネスとの橋掛けをいかに行ったか - DOES 2019での講演より

    USCISIチームとビジネスチームは、2019年のDevOps Enterprise Summitで、自らの経験について発表した。2017年、手作業だった裁定プロセスの最適化を目標として、彼らのチームはデジタル化の旅に乗り出した。解決しなければならない最も大きな問題は、手作業のプロセスで毎日処理される書類の山だった。困難を乗り越えた彼らは、ビジネス成果の提供とDevOpsテクノロジの改善に成功することができた。

  • ディジタルトランスフォーメーションのための持続性と拡張性を備えたソリューション

    "デジタルトランスフォーメーション"という用語を使う時、我々の取り得る変革アプローチは、今日の複雑化した組織を扱う上ではすでに無効となった、従来のリニアな管理手法に制約されるようになる。組織の変化に対して、持続可能でスケーラブルなソリューションを考案するためには、そのコンテキストと組織内部の動作を理解することに意識を集中する必要がある。

  • ThoughtWorksがデジタル・トランスフォーメーションの推進にユーザセンターデザインを適用した方法

    Agile India 2019で、ThoughtWorksはデザイン・シンキングが様々な企業が自身のテクノロジーとビジネスモデルを破壊する方法について講演した。プロダクトとテクノロジーチームは違いに異なった作用をし、新たなカスタマーセントリックスキルを開発する必要がある。ユーザセントリシティがビジネスモデルと組織をどう変えているかに基づき、ThoughtWorksはアジャイル・マニフェストに新しいビジョンを打ち出した。

  • 高等教育におけるアジャイル: オープン大学での経験

    大学はアジャイルとプロダクトのマインドセットを受け入れる必要がある。彼らは自分たちがほとんど理解していない新しい種類のプロダクトやサービスの仮説駆動の開発に取り組んでおり、またユーザの振る舞いやニーズもほとんど理解していないからだ、Matthew Moran氏は述べた。彼はアジャイルのマインドセット、原則、プラクティスをオンライン開発コースに適用することについて、Aginext 2019で講演を行なった。

  • Very Fast Organizational Transformations(VFOT)の5原則

    Very Fast Organizational Transformations(VFOT)には,原則を持つ,タイムボックスを決める,システム全体,呼び掛ける,全員が参加する,という5つの原則がある。いずれもオープンソースないしオープンスペースの基礎をなすものとして証明された,理論ないし慣行に基づくものだ。開放的で権限付与性と透過性を備えたこれら原則を組み合わせ,包括的な変革戦略を形成することによって,変革の段階的な速度向上が実現する。

  • リーンを使ってデジタルネイティブから何を学べるか

    Theodo UKの創業者でありCEOであるFabrice Bernhard氏は、Lean Digital Summit 2018で ”what lean can learn from digital natives(デジタルネイティブからリーンは何を学べるか)”という講演を行った。デジタルネイティブはリーンスタートアップやアジャイルプラクティスになじんでおり、彼らはアジャイルとトヨタ生産方式を結びつけ、アイデアの実験、イノベーションの展開、スケールの高速化を可能にして先へと進んでいく。

  • すべてのマネジメントをアジャイルに - Fin Goulding氏の講演より

    AvivaのインターナショナルCIOであるFin Goulding氏が、先日のDevOps Enterprise Summit Londonで、組織全体のフロー原理(flow principles)によるアジャイル能力向上について講演した。講演で取り上げられた内容のいくつかについて、詳しい説明を氏に依頼した。

  • 第12回 State of Agile Reportが公開

    2018 State of Agile ReportがCollabNet VersionOneから公開された。報告書の結論からは、顧客満足度の必要性の増大、アジャイルを大規模展開する企業の増加、アジャイルソフトウェア開発における分散型チームの一般化に加え、多くの企業が今後12ヶ月以内にDerOps活動を開始ないし計画していることが確認される。

  • マイクロサービスの未来がITワールドを変革:Uwe Friedrichsen氏がmicroXchg Berlinにて

    あなたは遂にDocker、Kubernetes、そして、新しいクールなトレンドを含むマイクロサービスをマスターした。しかし、未来のために準備はできているであろうか。Uwe Friedrichsen氏は、ベルリンで開催されたmicroXchg 2018でのプレゼンテーションで、そのように尋ねた。そして、ITの未来とマイクロサービスへの影響について検討した。

  • HiscoxのCTOがDevOpsについて語る

    HiscoxのCTOが、クラウド戦略、DevOpについて語った。

  • IBMのEvan Leyboum氏が提唱する“アジャイル制約の理論”

    Evan Leybourn氏は、間もなく開催されるAgile Indonesiaカンファレンスで講演を行なう。氏はInfoQに、自身のアジャイル制約の理論(Theory of Agile Constraints)について、取り組みにおける価値の定義、アジャイル予算と#NoProhectrsなどについて話してくれた。

  • 古いシステムと現代的な技術のギャップを埋める

    手動で時間のかかるやり方で管理されている、長年動かし続けているプラットフォームはコストがかかる。チームは経営陣に対してビジネスケースを作ることで、繰り返し作業やヒューマンエラーで失われた時間に基づいて、自動化ツールやコンテナのような現代的な技術を導入して改善ができる。結果として、配置作業は予測可能で反復的なプロセスになり、配置も頻繁かつ安全に行えるようになり、人間の介在も最小限になる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。