BT

InfoQ ホームページ 変化 に関するすべてのコンテンツ

  • ペルソナを使ってミドルマネジメントを排除する

    ミドルマネージャ(middle manager、中間管理職)のような役割を担うペルソナは、アジャル移行を行なう場合に有用である。ミドルマネージャがいる立場を理解さえすれば、彼らから何かを得るのは難しいことではない。何を聞くか、何を聞かないかを理解して、必要なものを得るチャンスを、ペルソナが拡大してくれるのだ。

  • 働き方の未来 - Agile People Swedenのセッションより

    働き方の未来(future of work)は、マイクロラーニングとアンラーニング、テクノロジによる自由、アジャイル企業、自主性の並立、目標と関心を同じくする人々による自己組織型グループにある - このような考え方がAgile People Swedenで議論された。

  • 文化変革のパラドックス

    企業はアジリティを高める上で企業文化が重要な要素であることを認識し、その実現に向けて行動しなければならない。望ましい企業文化は、模範によるトップダウン(example top down)によって進められるべきである – すなわち、価値やコミュニケーション、顧客関与に関して、企業のトップで起こっていることが、その企業の“下位”層で起きるであろうことの予見となるのだ。

  • 働き方の将来 - Agile People Sweden 午前セッションから

    15回目の Agile People Sweden Conference がストックホルムにて 10月23日、24日に開催された。 2017 年のカンファレンステーマは、働き方の将来 - ワークライフを改善するためのスケールするアジャイル、である。月曜午前のセッションはアジリティスケール、ソシオクラシーによるエンタープライズワイドアジリティ、そして自己組織化に関するものだった。

  • ソシオクラシー3.0の原則の探求

    原則は行動を導き、明示化されることにより意識が生まれ、文化の成長を促進する。7つのソシオクラシー3.0の原則は、取り巻く環境と一体となって行動し、経験から学び、複雑さにうまく対応する協働的・適応的で知的なシステムを生み出すことを望んでいる組織を支援する。

  • アジャイルになるための勇気

    勇敢であるということは、たとえ怖かったとしても、必要なことをする、ということだ。アジャイルの最も重要な点はうまくいっていないことを調査し思い切って変革することだ。小さな実験から始めて、解決策を見つける。もしそれがうまくいかなかったから、それをやめればいい。

  • 心理学の手法で見積もりを改善する

    バイアス、プライミング、サリアンスは見積もりの能力に影響を与える3つの代表的な心理要因だ。見積もりをしているときに心理的に何が起こっているのかを知ることは、これらの要因に対処して見積もりを改善するのに繋がる、と心理学の研究者であるJoseph Pelrine氏は言う。

  • アジャイルな振る舞いを可能にするための契約

    InfoQはMartin Kearns氏にインタビューし、アジャイル契約がウォーターフォールプロジェクトの契約とどう違うのか、契約がスコープの変更や、開発中の大きな障害や遅延をどう扱えるのか、契約がアジャイルな振る舞いを可能にし、アジャイルマインドセットに基づき、全員を巻き込んで仕事をするのにどう役立つか、そして組織がアジャイルに契約を使いたい場合に、弁護士が持てる役割について聞いた。

  • アジャイルのためのストーリーテリング

    InfoQは氏にインタビューしてストーリーテリングとは何か、ストーリーのもたらす価値、ストーリーテリングに使える話し方、アジャイルへの移行にストーリーテリングを使った彼女自身の経験について話を聞いた。

  • 意向に基づくリーダーシップ

    意向に基づくリーダーシップは情報を持っている人に権限と意志決定を移譲するというリーダーシップだ。能力と明晰さを持っている人に権限を渡すことは、素晴らしいことが生まれる環境を作るのと同じだ。Jenni Jepsen氏にインタビューをし、意向に基づくリーダーシップの強みと弱み、影響力と権限を与えて意志決定を広めること、力が湧くと感じる環境の作り方について話を聞いた。

  • コアワークシステムによる転換行動の促進

    Mike Orzen氏はLean IT Summit 2015で,コアワークシステムを利用した転換行動(transformational behavior)の促進について講演を行う。この記事では,リーンITに組織が期待するメリット,継続的改善を構築する上で新たな行動の適用と強化が不可欠な理由,IT組織にとってのコアワークシステムとワークプロセス,リーンIT移行を目指す上での誤りとそれを防ぐ方法についてのインタビューを紹介する。

  • 変化を起こすためにするべきこと

    最大限心を砕いたとしても、合意したアクションを実行に移すことはとても難しい。実行して失敗するのではないかと恐れてしまうからだ。この問題に気づいている何人かの著者たちが、対処の仕方、変化の起こし方について話をしている。

  • アジャイルでの不確実性と発見的なマインドセット

    InfoQはAndrea Provaglio氏に、実行、最適化、発見のビジネスモデルについて、不確実性を使って、ビジネス価値を産むこと、価値とコストの両方を理解すること、発見のマインドセットを育てること、失敗し、そこから学ぶ勇気を持つ文化を生み出すことについて話を聞いた。

  • アジャイル導入をサポートする組織的変革

    世界は変わった。それゆえ、命令制御型の企業は変化し新しい組織モデルに適用しなければならない、とNiels Pflaeging氏はいう。氏が立ち上げたThe BetaCodex Networkは今の市場に合う組織の"ベータ"モデルの理解を促進するための研究とオープンイノベーションを応用する。

  • Dave Gray氏に聞く - 組織変革におけるリミナルシンキングとは

    変革のイニシアティブの大部分が失敗に終わるのは,人々がそれを自分たちには関係のないものだと思うからであり,その変革に影響を与えられる方法や,それによって変革をよりよいものにできることを理解していないからだ - Dave Gray氏はこう語る。リミナルシンキング(Liminal Thinking)とは,人々の信念の形成や変化の方法を理解することに着目した変革のアプローチであり,変革に影響するしきい(閾)値の設定と,それを利用するためのスキルセットを提供するものだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。