BT
前の記事 rss
人のフォロワー

知識労働組織における革新的信念

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年1月24日 午後9時56分

革新的信念(Game changing beliefs)は、我々の行動を形成する上で最も強固な壁となる。我々がプロフェッショナルな仕事において取り組むと決めた信念がレバレッジポイント(作用点)だ。組織の文化や行動を変え、アジリティを高めるために必要なのは、そのような信念なのだ。

人のフォロワー

Scrum Studioによるアジャイル原則の運用と組織の自立性向上

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年1月10日 午前12時23分

Scrum Studioを導入し、アジャイル原則に基づいた変革アプローチを用いたことによって、オランダの年金資産運用会社は、構造的なコスト低減と反応性の向上を実現した。変革チームは、あるべき姿の特性を備えた透過的かつ反復的な変革を適応することによって、自らの主張を実践してみせた。人々が自立性を持つ文化を確立したのだ。

人のフォロワー

働き方の未来 - Agile People Swedenのセッションより

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年12月10日 午後10時28分

働き方の未来(future of work)は、マイクロラーニングとアンラーニング、テクノロジによる自由、アジャイル企業、自主性の並立、目標と関心を同じくする人々による自己組織型グループにある - このような考え方がAgile People Swedenで議論された。

人のフォロワー

DevOpsチームに対して定まらない業界の評価

作者: Helen Beal フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年12月5日 午後8時46分

調査によると、DevOpsチームの採用率は上昇する傾向にある。しかし業界では、DevOpsチームが存在すべきかどうかという点でも、いまだ意見が分かれている。サイロがさらに増えることへの懸念の声もあれば、DevOpsはすべての組織が取り入れるべき方法論だという意見もある。さらには、新たな作業方法に移行する効率的な方法としてDevOpsを支持するものもある、というのが現状だ。

人のフォロワー

文化変革のパラドックス

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年11月20日 午前2時44分

企業はアジリティを高める上で企業文化が重要な要素であることを認識し、その実現に向けて行動しなければならない。望ましい企業文化は、模範によるトップダウン(example top down)によって進められるべきである – すなわち、価値やコミュニケーション、顧客関与に関して、企業のトップで起こっていることが、その企業の“下位”層で起きるであろうことの予見となるのだ。

人のフォロワー

DevOpsにおけるAPIとしての共有データベース

作者: Manuel Pais フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年11月5日 午後10時40分

Sabin.ioのプリンシパル・コンサルタントであるSimon Sabin氏は、先日のWinOps 2017カンファレンスで、継続的デプロイメントモデルにデータベース変更を統合する方法について講演を行なった。複数のサーバないしアプリケーションでデータベースを共有する場合に重要なのは、データベース所有者の観点で見たデータベースをAPIとして扱うことだ。

人のフォロワー

Wyndham Vacation Rentals UK社におけるアジャイルとDevOpsの導入

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年9月12日 午前4時15分

アジャイルとDevOpsの導入は、Wyndham社におけるQAの役割にプラスの影響を与えた。ライフサイクルの初期段階における取り組みにフォーカスすることで、バグやポストプロダクション問題の少ない、スムーズなリリースに繋がった。テストすることは共同責任となり、ビジネス部門と顧客はこれまで以上にデリバリーサイクルに関わるようになった。

人のフォロワー

DevOpsスーパーパターン - DOES17 LondonでのJohn Willis氏の講演より

作者: Helen Beal フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年8月23日 午後8時8分

“The DevOps Handbook”の執筆者のひとりであるJohn Willis氏が、6月5〜6日にロンドンで開催された2017 DevOps Enterprise Summitで、新たに登場したDevOpsスーパーパターン(Superpattern)について講演した。

人のフォロワー

Robert Scherrer氏に聞く - スイス金融センタのバックボーン上のDevOps

作者: João Miranda フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年8月18日 午前1時8分

少人数のコアチームによる開始、スキル・組織・プロセス・インフラストラクチャ・アーキテクチャの5つに価値観と思想を加えた5+1次元を中心とするDevOpsアプローチ - SIXは、ITとビジネスの協業のあり方として、それまでのサイロを破壊し、バリューストリームを実現する転換を進めている。InfoQはSIXのソフトウェア開発を率いているRobert Scherrer氏に、導入の経緯について話を聞くことができた。

人のフォロワー

アジャイルによる刷新が必要な人事部門

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年5月30日 午前5時10分

人材という考え方は時代遅れであり、刷新する必要がある。Dov Sal氏は最近の記事で、アジャイルな組織に置けるHRの目的を吟味し、HRの実務担当者にはアジャイルなHR開発のためのマニュフェストを導入することを推奨している。同じようにDeloit傘下のBersinもAgile Model of HRと題した記事で人事部門のミッションと注力について大きく変えることについて書いている。

人のフォロワー

Criteoにおけるエンジニアリング文化の進展

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年5月16日 午後8時38分

シニアマネージャには、エンジニアリング文化を最重要課題とし、優れたエンジニアリング文化を実現するためのフレームワーク構築が求められる。文化を発展させるには価値が必要だ。その価値は、物事の進め方を規定するルールによって支えられる。

人のフォロワー

New RelicのDevOps

作者: Hrishikesh Barua フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年5月16日 午前1時5分

New RelicのリードソフトウェアエンジニアがNew RelicのエンジニアリングチームがDevOpsで使ってるツールや実践している考え方についてサマリを書いている。DevOpsの役割の進化や、自分たちの製品を含む利用しているツール、この文化の目に見える利点について書いている。

人のフォロワー

フィンランド国営放送Yleにおけるリーンとアジャイルカルチャー

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年4月20日 午前3時12分

リーンとアジャイルをスケールすることはフレームワークの問題ではない -  価値、原則、そしてマインドセットの問題なのである。Yle の会社経営層は、実験を行うこと、学習して実施することにより、アジャイルトランスフォーメーションに深く関わってきた;フレームワークを実装したことによるのではない。マジックは、あらゆるレベルにいるチームの人々と一緒に作業することで起きる。

人のフォロワー

ティールパラダイムを取り入れる

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年3月22日 午前1時31分

ティールパラダイム(Teal Paradigm)の適用は、チームメンバによる関与の向上に寄与し、チームの成長を可能にする。ティール指向の組織は、自らを“生物”と考える – 人を中心として、従業員に解放感を与え、人をリソースと見なすのではなく、彼らの持つリソースを求めるのだ。

人のフォロワー

従業員エクスペリエンス - 人々が仕事をしたいと願うようにするには

作者: Rui Miguel Ferreira フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年3月6日 午後9時53分

基調講演でベストセラー作者,そして新たな仕事のあり方を探求する世界最先端組織であり,グローバルイノベーションの協議会であるThe Future of Work Communityの創立者に名を連ねるJacob Morgan氏がCiscoと共同で,人々が出社したくなるような優れた従業員エクスペリエンス(employee experience)を実現する上で,組織の取るべき振る舞いに関するウェビナを行なった。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT