BT

InfoQ ホームページ Culture Change に関するすべてのコンテンツ

  • カスタマーサポートに人間性を取り戻す

    サポートチームを大事にすれば、彼らは顧客を大事にしてくれる。サポートチームはトレーニングを受け、信頼される必要があり、仕事に対して自律性と所有権が与えられて然るべきである。ボットは、人々が問題を解決するのを助けるカスタマーサポートで使われるべきではない;人が人を助ける必要があるのだ。たとえそれがロボットを雇うより高くつくとしても。

  • Perpetual Guardianが週4日勤務を試行

    今年初め、信託や遺言や財産を管理するニュージーランド企業のPerpetual Guardianでは、週に4日だけ働いて、新たな余暇を満喫しながら現在と同じ賃金を得られる8週間のトライアルを、同社の従業員240名の参加によって実施した。

  • スイス最大の銀行でイノベーションを推進する

    UBSでアセットマネージメントSWAT(SoftWare Action Team)の責任者を務めるJelena Laketic氏がDevOps Enterprise Summit Londonで講演し、スイス最大の銀行でイノベーションを推進した経験から学んだ教訓について語った。 InfoQはLakeric氏にコンタクトを取り、氏がSWATの活動の中で経験した課題と成功、およびUBSにとってのイノベーションについて話を聞いた。

  • ビジネス成果に注目するBarclays

    Barclays作業部長のJonathan Smart氏とPMOのMorag McCall氏が、先月ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitで、アイデアのトリアー���から製品としてのリリースに至るまでの作業フロー全体の再考について講演した。具体的な内容は、アプリケーションおよびサービスポートフォリオの管理方法へのアジリティの導入と、PMOおよび財務部門の役割の変更である。

  • 専任チームによる継続的デリバリの実現

    Robin Weston氏が、先日のContinuous Lifecycle Londonで、独立した開発サポートチームの支援によって、変革への抵抗が強くサイロ化した企業への継続的デリバリプラクティスの導入に成功した、自らの経験を語っている。新たなテクノロジやツールの導入よりも、チームが重視したのは、共有とチームの教育だった。その対象となったプラクティスは、継続的インテグレーションからテストピラミッドの採用、あるいはムダの特定によるサイクルタイム短縮まで、広きにわたる。

  • 多すぎるスクリプトは継続的デリバリーをダメにする

    先月のContinuous Lifecycle Londonにて、Avantika Mathur氏が継続的デリバリーパイプラインにおけるスクリプトの増加にまつわるコストについて語った。メンテナンスコストに加えて、もうひとつ大きなコストは、本番環境に変更をデプロイするまでに実際に何が実行されるのか、その可視性と監査可能性が欠けていることだ。多くの組織がこのことに気づいていない。

  • 幸福な文化がハイパフォーマンスを実現する

    ITVのTom Clark氏が2月のDOXLONで講演し、ハイパフォーマンスは幸福なチーム構築の副作用である、という仮説を提唱した。DDO(Deliberately Developmental Organization)の貢献者であるAndy Flemming氏もまた、透明性と学習、個人の成長と幸福を意図的に重視した文化を創造することによる、ビジネスおよび戦略上のメリットの享受について講演している。

  • 知識労働組織における革新的信念

    革新的信念(Game changing beliefs)は、我々の行動を形成する上で最も強固な壁となる。我々がプロフェッショナルな仕事において取り組むと決めた信念がレバレッジポイント(作用点)だ。組織の文化や行動を変え、アジリティを高めるために必要なのは、そのような信念なのだ。

  • Scrum Studioによるアジャイル原則の運用と組織の自立性向上

    Scrum Studioを導入し、アジャイル原則に基づいた変革アプローチを用いたことによって、オランダの年金資産運用会社は、構造的なコスト低減と反応性の向上を実現した。変革チームは、あるべき姿の特性を備えた透過的かつ反復的な変革を適応することによって、自らの主張を実践してみせた。人々が自立性を持つ文化を確立したのだ。

  • 働き方の未来 - Agile People Swedenのセッションより

    働き方の未来(future of work)は、マイクロラーニングとアンラーニング、テクノロジによる自由、アジャイル企業、自主性の並立、目標と関心を同じくする人々による自己組織型グループにある - このような考え方がAgile People Swedenで議論された。

  • DevOpsチームに対して定まらない業界の評価

    調査によると、DevOpsチームの採用率は上昇する傾向にある。しかし業界では、DevOpsチームが存在すべきかどうかという点でも、いまだ意見が分かれている。サイロがさらに増えることへの懸念の声もあれば、DevOpsはすべての組織が取り入れるべき方法論だという意見もある。さらには、新たな作業方法に移行する効率的な方法としてDevOpsを支持するものもある、というのが現状だ。

  • 文化変革のパラドックス

    企業はアジリティを高める上で企業文化が重要な要素であることを認識し、その実現に向けて行動しなければならない。望ましい企業文化は、模範によるトップダウン(example top down)によって進められるべきである – すなわち、価値やコミュニケーション、顧客関与に関して、企業のトップで起こっていることが、その企業の“下位”層で起きるであろうことの予見となるのだ。

  • DevOpsにおけるAPIとしての共有データベース

    Sabin.ioのプリンシパル・コンサルタントであるSimon Sabin氏は、先日のWinOps 2017カンファレンスで、継続的デプロイメントモデルにデータベース変更を統合する方法について講演を行なった。複数のサーバないしアプリケーションでデータベースを共有する場合に重要なのは、データベース所有者の観点で見たデータベースをAPIとして扱うことだ。

  • Wyndham Vacation Rentals UK社におけるアジャイルとDevOpsの導入

    アジャイルとDevOpsの導入は、Wyndham社におけるQAの役割にプラスの影響を与えた。ライフサイクルの初期段階における取り組みにフォーカスすることで、バグやポストプロダクション問題の少ない、スムーズなリリースに繋がった。テストすることは共同責任となり、ビジネス部門と顧客はこれまで以上にデリバリーサイクルに関わるようになった。

  • DevOpsスーパーパターン - DOES17 LondonでのJohn Willis氏の講演より

    “The DevOps Handbook”の執筆者のひとりであるJohn Willis氏が、6月5〜6日にロンドンで開催された2017 DevOps Enterprise Summitで、新たに登場したDevOpsスーパーパターン(Superpattern)について講演した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。