BT

InfoQ ホームページ Diversity in Teams に関するすべてのコンテンツ

  • Stack Overflowをもっと友好的な場所に

    Stack Overflowで“Culture and Experience”を担当するEVPのJay Hanlon氏が、“Stack Overflow Isn’t Very Welcoming”と題したブログ記事を投稿した。変えるのは今だ、と呼びかけるその記事では、Stack Overflowを閉鎖的で脅迫的な場所にしている問題を取り上げている。記事の中で氏は、この問題に取り組むというコミットメントについて説明した上で、その目的のために氏らが行なっているステップを解説している。

  • 素晴らしいエンジニアリング文化についてリーダーが語る

    QConLondonのBuilding Great Engineering Culturesと題したトラックで、登壇者が聴衆から質問を受け、パネルディスカッションをした。 Google、Sky Betting、Gaming、ITV、Deliveroo、GlobalSignのリーダーたちが、自分たちがどのようにしてエンジニアリングについての素晴らしい文化を支援し構築してきたかを共有した。

  • 仕事における内向、両向、外向

    内向と外向はバイナリな性格タイプではない;ヒトはこの2つのタイプの間のどこかに落ち着いている。そのとき身が置かれているコンテキストにより振る舞い方も変わる。事実、人口の大多数は両向型である。これらの違いを理解することは、より効果的なコミュニケーションやチームワークに役立つ。

  • オピニオン:2017年のCulture & Methods は何が待ち構えている?

    われわれは InfoQ Culture & Methods の編集チームに、2017年のテクノロジー分野で目立ってくるトレンドは何か、世界中の組織に影響するものは何か調査を行った。

  • 最も女性に優しいテック企業として認められたThoughtWorks

    最近開催された、Grace Hopper Celebration of Women in Computingで、ThoughtWorksはテクノロジー業界で女性のための一番の企業であると認定された。InfoQは同社のCTOであるRebecca Parsons氏に同社の文化やこの認定について話を聞いた。

  • チームパフォーマンス向上方法への取り組みを評価された研究者

    APAはEduardo Salas氏の30年にわたるチームワークの研究を評価した。氏のチームトレーニングは、チームの構造の定義やコミュニケーション、役割の明確化、リーダーシップスキル、実践的なシナリオを含んでいる。氏の方法は多くの現場で実践されている。一部のプログラムはNASAで火星に向かう準備に使われている。

  • Googleと完璧なチーム

    Googleの研究者はチームについて研究し、どのような性質がチームの力を促進するか調査した。Project Aristotleと名付けられたこの研究は、心理的安全性や構造、目的意識などチームの成功を助ける要因について洞察を提供する。

  • Agile 2016: ペルソナベースのチーム — 究極のフォーカス

    Agile 2016カンファレンスで,Andy Hircock, Mike Lowery, Rob Vandenburg各氏が,アジャイル転換を導く上で,機能やコンポーネントではなくペルソナをベースとするチームに移行するにはどうすればよいか,急成長中の組織が顧客重視を維持する上でそれがどのように役立つのか,といったことを論議した。

  • SpringOne Platform Conference 第1日のテーマは”多様性"

    ラスベガスで今週開催されたPivotolのSpringOne Platform Conferenceの基調講演の中で,テクノロジ・シニアディレクタのCornelia Davis氏が多様性について語った。

  • なぜ多様性と包摂性が大事なのか、どうやって促進するか

    組織上の肩書きや背景に関わらず、経験を能力のある人の多様なアイディアや観点、経験を活用するのは組織の実力を上げることだ、とコンサルタントのShaheen Akram氏は主張する。ビジネスの目的を達し、社会的責任のある組織に見られるために多様性と包摂性がなぜ重要なのか、何人かの識者が指摘している。

  • 内向的な人がモブプログラマになるのは難しいのか?

    この記事は,内向的なモブプログラマの抱える問題と,その解決方法について記したものである。

  • 組織における多様性のビジネス事例

    多様性と企業業績には正の相関関係がある。多様性に対して寛大な作業環境の作業者は,業務に対してより強い熱意を持つことができる。これは定着率やパフォーマンスの面で非常に重要だ,とRegina Chien氏は言う。思想や人生経験の多様性は,技術者が最高の製品を作り上げる上で必要なものなのだ。

  • 作業環境における神経多様性

    Sallyann Freudenberg博士はQCon Londonで,作業環境における神経多様性について講演した。プログラミングは複雑で創造的な作業だ。Freudenberg博士は,プログラミングを行うプログラマが一般的に使用している,数多くの技術について検討した。

  • ピボット思考 - デザインのニューロサイエンス

    3月8日AM 9:00/PST(日本時間3月9日2:00)、スタンフォード大学のStanford Center of Professional Developmentがデザイン思考の裏側について考える無料のライブセミナーを開催する。ピボット思考とは、チームの"convergers"と"divergers"のギャップをいかに橋渡しするかという、ソフトウェアプロジェクトにとって特に関心のある問題に取り組む新しい研究分野だ。

  • アジャイルにおける多様性-アジャイルでの女性、のインビューが始まる

    Agile Allianceがスポンサーである Diversity in Agile プログラムが Agile 2010で今日、Women In Agile シリーズから、始めていくつかのインタビューを公開した。Shane Hastie氏がLisa Crispin氏にこれまでの仕事について聞いた。インタビューを見ることができる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。