BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ リーダーシップ に関するすべてのコンテンツ

  • Certified Agile Leadership Programが発表

    Certified Agile Leadershipプログラムは,アジャイルのリーダシップ能力を習得するためのリーダシップ・フレームワークを提供することにより,指導者の有効性を高めることを目標としている。プログラムを開発したPete Behrens氏に,リーダシップの重要性,リーダのあり方とリーダシップ文化を変革する方法,自己組織型チームにおけるリーダシップ,アジャイルリーダシップ能力を発展させる上で企業ができること,などを聞いた。

  • Agile 2016: Steve Denning氏が大規模組織におけるアジャイルとアジャイルのリーダシップを語る

    先日のAgile 2016カンファレンスで,リーダシップの専門家で著作者のSteve Denning氏がセッションを行なった。大規模組織におけるアジャイルとのリーダシップに関する話題を中心に,フィッシュボール(fishbowl/金魚鉢)スタイルで行なわれたそのディスカッションの中で氏は,“リーダの参画 — マネジメントにおけるアジャイルのマインドシフト”,“アジャイル導入時の課題”,“グローバル経済におけるアジャイル”という3つのトピックを取り上げた。

  • リーダーシップ再考: 非凡な結果を達成するために普通でいること

    アジャイル/リーンのコーチであるKatherine Kirk氏は、リーダーシップにおいて、普通でいることが非凡な結果を達成する助けになる、と主張している。また、多くの人がリーダーシップを再考し人をリードするための基本的な振る舞いに立ち返ることを示すアプローチを模索している。これらのアプローチは小さい平凡なことであるが、この示唆は組織管理の方法に革命をもたらすかもしれない。

  • 成功している組織からアイディアを学び応用する方法

    成功している組織を研究することで着想を得て、自分の組織を改善するためのアイディアが見つかることがある。Helena Moore氏は、Netflix、Zappos、Virginなど優れたリーダーシップと文化を持つ組織のケーススタディを読み、Timpsonのような組織を訪問したことで、何が組織に成功をもたらすのかを理解し、そして、自分の組織にその成功の素を導入する方法を見つけるための助けになった、と語った。

  • なぜ多様性と包摂性が大事なのか、どうやって促進するか

    組織上の肩書きや背景に関わらず、経験を能力のある人の多様なアイディアや観点、経験を活用するのは組織の実力を上げることだ、とコンサルタントのShaheen Akram氏は主張する。ビジネスの目的を達し、社会的責任のある組織に見られるために多様性と包摂性がなぜ重要なのか、何人かの識者が指摘している。

  • ソフトウェアを越えたアジャイルの活用

    オーストラリアのメルボルンで開催された1st conferenceカンファレンスにおいて,Eduardo Nofuentes氏が“agile beyond software”と題した講演を行なった。その中で氏は,アジャイルの原則と価値をソフトウェア開発以外に展開する手法を解説し,コールセンタなどソフトウェア以外のチームにおいて,ビジネスのアジリティ向上にアジャイルを活用した実例を紹介した。

  • 21世紀型のリーダシップ: 意向に基づくリーダシップ

    21世紀型リーダシップの3回目となる今回の記事では,シリーズの最後として,21世紀型リーダシップに関するイブニングセミナでDavid Marquet氏が行なった基調講演から,意向に基づく(intent-base)リーダシップとリーダ-リーダモデル(leader-leader model)について紹介する。

  • 21世紀型のリーダーシップ:ヒトを力づけるのは不可能

    21世紀型のリーダーシップ、シリーズ2つ目はgoAgile社のJenni Jepsen氏の講演だ。人々を力づけることはできないが、人々が力づけられていると感じるような組織づくりについてアイデアを述べている。

  • 21世紀型のリーダーシップ: アジャイルでの挑戦

    この記事は21世紀型のリーダーシップについての連載の最初の記事だ。今回はINGのHendrik Pothof氏とAxis into ManagementのMichael Bres氏のアジャイルの環境でのリーダーシップチャレンジについての話を取り上げる。

  • “Turn the Ship Around”に見る,すべてのレベルにリーダシップを

    Agile Tour London 2015でWim Heemskerk氏とDirk Mulder氏が,David Marquet氏の著書“Turn the Ship Around”をベースとして,あらゆるレベルでのリーダシップの創造に関するセッションを開���た。InfoQでは氏らにインタビューして,職務階級がアジャイル移行にどのような障害になり得るか,組織がフォロワではなくリーダを育てるべきなのはなぜか,増大する組織のアジリティに対して同書の教えるリーダシップをどのように適用すべきかなどを聞いた。

  • 意向に基づくリーダーシップ

    意向に基づくリーダーシップは情報を持っている人に権限と意志決定を移譲するというリーダーシップだ。能力と明晰さを持っている人に権限を渡すことは、素晴らしいことが生まれる環境を作るのと同じだ。Jenni Jepsen氏にインタビューをし、意向に基づくリーダーシップの強みと弱み、影響力と権限を与えて意志決定を広めること、力が湧くと感じる環境の作り方について話を聞いた。

  • 2015年11月のThoughtWorks Radar

    ThoughtWorksが2015年11月のRadarを公開した。これはテクノロジーを4つのエリア、言語とフレームワーク、プラットフォーム、テクニック、ツールに分けたものだ。

  • ‘Agile on the Beach’カンファレンスで得られたもの - 第2日

    'Agile on the Beach' カンファレンス2日目のおもなメッセージは,‘自主性(autonomy),目的(purpose),熟達(mastery)’を標榜する自己組織化チームが成果と適応性を持った文化を創造する,プログラミングや人々やプロセスを包含する技術的リーダシップが必要である,‘絶え間なく進化するプラクティスの絶え間なく進化する集合体’で仕事をすることが真のアジャイルには必要である,といったものだ。

  • プロジェクトマネジメントスキルの調査

    雇用者がプロジェクトマネジメントという職種にどのようなスキルが望ましいと考えているのか、そして、プロジェクトマネージャとして成功する資質とはなにか、についての調査がされた。InfoQはプロジェクトを管理するのに重要なスキルについて、また、ボスの好感度やリーダーシップのスキル、職場で惨めな思いをする理由と対処法、組織がアジャイルへ移行するためのプロジェクトマネージャの必要性についてインタビューをした。

  • Jeff Sutherland氏に聞く,アジャイルのリーダシップ

    InfoQはJeff Sutherland氏にインタビューして,スクラムを導入しようとする大規模組織が抱える問題について聞いた。組織の障害に対処する能力を向上し,アジャイルリーダシップを改善するにはどうすればよいのか,アジャイルに移行しようとするチームを支援する上で,スクラムマスタには何ができるのだろうか。氏はまた,組織がスクラムを導入する上での,マネージャに対するアドバイスも語ってくれた。

BT