BT

InfoQ ホームページ Maven に関するすべてのコンテンツ

  • Java 9への適応状況の定量化がJavaコミュニティの目標

    ロンドンJavaコミュニティとJavaチャンピオン数人がリードするJavaコミュニティが著名なオープンソースプロジェクトのJava 9への適応状況を定量化する試みを始めた。

  • ZeroStackがDevOps Workbenchの提供開始

    プライベートクラウドプロバイダのZeroStackは、開発者が独自のワークベンチを作成できるセルフサービス機能を発表した。ZerostackのIntelligent Cloud Platformを介して、DevOps Workbenchのユーザは、オープンソースと商用のプロバイダから提供されている40の開発ツールを利用できる。

  • fat JAR問題を解決する - HubSpotの例

    Spring で,fat JARはデプロイ機構として一般に普及しつつある。HubSpotは過去,maven-shade-pluginでのエクスペリエンス上の問題や,10Boot 1.4とDropwizard 1.0が7月末,いずれもfat JARを使ってでリリースされた。このようなフレームワークやマイクロサービスでの採用が増えていること0,000以上の小さなファイルをJARにパッケージングする際の効率問題の原因として,fat JARによるデプロイの問題を報告している。

  • ZeroTurnaround社はRebelLabsの開発者生産性レポートを公表した

    本日ZeroTurnaround社のRebelLabsは年2回の2016年の開発者生産性レポートを公表した。これは2000人以上が仕事で何のツールを使っているかを回答したものだ。InfoQはレポートに接近し、結果をまとめた。

  • Twitterが多言語ビルドツールPants 1.0をリリース

    5年間の開発期間を経て,TwitterがビルドツールPantsのマイルストンとなるバージョン1.0をリリースした。複数のプログラム言語をサポートし,スケーラビリティに優れる。

  • Maven Central、Googleにミラー

    Mavenにフォーカスした会社 Takari(MavenのファウンダーであるJason van Zyl氏が創業)が、Maven CentralをGoogle Cloud Storageにミラーすることを発表した。Maven Centralは多数のオープンソースJavaライブラリがその成果物を登録しているセントラルリポジトリだ。

  • Spring IO Platformリリース

    Pivotalは先週Spring IO Platform 1.0のファーストバージョンをリリースした。Spring IO Platformは依存物(とそのバージョン)のリストであり、すべての依存物が一緒に動作する。実装はMavenのPOMファイルであり、自分のプロジェクトにインポートして依存物にバージョンを設定できる。これらの依存物は、Springプロジェクト全体と多くのオープンソースプロジェクトで管理され、利用されている。

  • SpringがGradleへ移行しOSGiを放棄

    SpringSourceはGroovyで動作するGradleの熱心な支持者であり、1年半前からビルドシステムをMavenからGradleへ移行している。3.2の開発完了が近づく中、Maven Centralへ発行されるビルド用のOSGiメタデータの生成が行われなくなるようだ。

  • 乗り遅れた Project Jigsaw - 延期を承認

    JSR 337 Expert Group は Project Jigsaw を Java 9 まで延期するという,Oracle チーフアーキテクト Mark Reinhold 氏の提案を承認した。そこに述べられている理由は,今回の延期を支持するに十分なものなのだろうか。

  • IG GroupがRESTdocletをオープンソース化

    IG GroupはSpring RESTベースのサービスからドキュメントを生成するMavenプラグインのRESTdocletのをオープンソースにした。

  • OSGiがスナップショット提案を破棄

    最近リリースされたOSGi Release 5早期アクセスドキュメントによると、次回の仕様で最も期待されていたフィーチャの1つ、OSGi向けSNAPSHOTスタイルバージョンが仕様から落とされた。既存のツール群への懸念のためである。読み進むとなぜかがわかる。

  • ThoughtworksのTechnology Radar 2012年3月版

    ThoughtWorksがTechnology Radarの最新版を公開した。このレポートはテクノロジーに関して意思決定する人が、ソフトウェア開発のテクニックやツール、言語、プラットフォームの新しいトレンドを理解するために作られている。アジャイルソフトウェア開発チームに対する関心について興味深い結果が示されている。

  • Nexus 2.0がリリース

    今日、SonatypeがNexus 2.0リリースした。これは、彼らの成果物リポジトリにおける大きな前進である。このリリースで新しいのは、NuGetによる.NETサポート、オープンソース版におけるOSGiとP2ホスティング、アクセスとPOMにおけるクロスリファレンスの頻度から計算した、成果物人気スコアを追加したことである。

  • モジュラリティ成熟モデル

    OSGiコミュニティイベントで、IBMのGraham Charters博士はモジュラリティ成熟モデルを詳解した。このモデルは組織やプロジェクトの開発がどの程度モジュール化されているかを評価する方法のひとつだ。

  • Sonatypeが企業のオープンソース利用を把握するための製品を発表

    Maven開発で指導的役割を果たしているSonatypeはSonatype Insightを発表し、組織のオープンソースの利用と監査を支援する企業の仲間入りを果たした。このようなサービスを提供する会社は増加している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。