BT

InfoQ ホームページ ニュース Google ARCoreが1.0となり、より多くのデバイスをサポート

Google ARCoreが1.0となり、より多くのデバイスをサポート

ブックマーク

原文(投稿日:2018/02/28)へのリンク

読者の皆様へ:ノイズを減らすための一連の機能を開発しました。関心のあるトピックについて電子メールとWeb通知を受け取ることができます新機能の詳細をご覧ください。

プレビュー版の発表に続いて、Googleは現在、サポートするデバイスを大幅に増やすARCore 1.0をリリースする予定である。

Googleの新しい拡張現実(AR)プラットフォームARCoreは、昨年9月にプレビュー版として発表され、10種類以上のAndroid携帯で動作するようになった。動作するAndroid携帯として、Google自社のPixel、Pixel XL、Pixel 2、Pixel 2 XL、サムスンのGalaxy S8、S8+、Note8、S7、S7 edge、LG電子のV30、V30+、ASUSのZenfone AR、OnePlusのOnePlus 5がある。これは既存のすべてのAndroid携帯のほんの一部であるが、プレビュー版でサポートされるデバイスが非常に多くなっている。GoogleのPixelとSamsungのGalaxy S8携帯だけでない。これにより、GoogleはARCoreが1億台のデバイスで稼働できる状態となる。互換性のあるデバイスを増やすことは継続して対応中である。Googleは今後の販売される携帯がすべてサポートされていることを確実にするために、Samsung、Huawei、LGE、ASUSなどの主要メーカーすべてとパートナーとなる予定である。

より多くのデバイスをサポートすること以外にも、ARCore 1.0にはいくつかの新機能が追加されている。たとえば、ポスター、家具などのテクスチャ面に仮想アセットを配置する機能がある。さらに、Android StudioのエミュレータではARCoreがサポートされ、物理デバイス上で実行することなくアプリのAR機能をテストできるようになった。

ARCore 1.0発表の余波として、GoogleはARをAndroidプラットフォームにもたらすための当初の取り組みであるTango廃止予定である。 Tangoと比較してARCoreの主な利点は特殊なハードウェアを必要としないため、ARをより多くのデバイスに簡単に持ち込むことができる。

ARCoreは、モーショントラッキング、表面検出、および光の推定の3つの幅広い機能領域をカバーする。最近バージョン1.5になったAppleのARKitと同様に、垂直面にオブジェクトを配置したり、2DグラフィックをARシーンに混ぜたりする機能を追加している。

ARCore SDK 1.0はGitHubからダウンロードできる。SDKには、CヘッダーファイルとARCoreアプリケーションのサンプルを含む。ARCoreを使うにはAndroid 7.0が必要である。

 
 

Rate this Article

Adoption Stage
Style
 
 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。