BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Oracle に関するすべてのコンテンツ

  • オラクル、Javaの新サポート価格構成を発表

    オラクルはJavaの商用サポートの新しい価格モデルを発表した。かなり単純になり、企業での配備にとってもっとも興味深いものと思われる。

  • オラクルのJava Mission Control Teamの解雇に関する新たな詳細が明らかに

    オラクル社が製品をオープンソース化した後、Java Mission Control Teamの大部分を解雇していたという先週の話に続いて、元オラクルの従業員が、情勢の変化に関する追加情報を私たちに提供してくれた。

  • オラクル、オープンソース化後にMission Controlチームを解雇

    Java Mission Controlツールスイートが、JMCとしても知られているが、オラクルにより5月3日にオープンソースとなった。Java開発者のコミュニティからは大きな称賛と興奮があった。その興奮はJMCの開発チーム全体が解雇されたと報じる情報によって困惑に置き換えられてしまった。

  • グーグル、オラクルへの支払いは数十億の可能性も

    オラクルはグーグルによるJava Application Programming Interfaces (API) の利用がフェアではないと述べているが、グーグルはフェアだと発言している。テクノロジの大企業間での法廷闘争は2010年に始まり、裁判と控訴が続いたあと米控訴裁判所は判決に至った。グーグルによるAndroidでのJavaの利用はフェアユースではない。グーグルはオラクルに数十億を支払うこともあり得る。しかし闘争は終わっていない。最高裁判所に行く可能性がある。

  • オラクルがJavaOneをOracle Code Oneへ

    オラクルはJava開発者カンファレンスで最も重要なものだったJavaOneを終了すると発表した。その場所にオラクルは幅広い開発者に焦点を当てたカンファレンス、Oracle Code Oneの開催を計画している。

  • OracleのサーバレスプラットフォームFnにPrometheusサポートとKubernetes用Helm Chart Installerが加わる

    先日開催されたKubeCon NAカンファレンスで、InfoQは、Oracle Container Groupの副社長であるBob Quillin氏と席を共にして、Oracleのファンクション・アズ・ア・サービス(FaaS)である“サーバレス”Fn Projectにつて話す機会を得た。Fnは2017年10月のローンチ以来、急速な進化を見せている。新たに加えられたものとしては、Prometheusモニタシステムのサポート、新たなハイブリッドアーキテクチャ、オープンソースのHelm Chart Fn Installerなどがある。

  • Java EEは今後JCPを使わず

    オラクルは今後のJava EEの拡張に対してJCP (Java Community Process)を使うことを支持、推奨していない。 "オラクルはJava EE 8仕様の機能拡張に対して、EE4J駆動のプロセスの利用を推奨し支持します。今後のJava EE 8に対するどのような機能拡張であってもJCPプロセスの利用は推奨、支持しません。"

  • オラクルが新Javaチャンピオンを発表

    オラクルは2017年に受理された新Javaチャンピオンの全リストを公開した。

  • オラクルがEclipse MicroProfileプロジェクトへ加入

    Java EE技術の管理をオープンソースのEclipseファウンデーションへ移管する決定とEE4Jプロジェクトの開始に続いて、オラクルはIBMやレッドハットなどがいるEclipse MicroProfileプロジェクトに加入した。

  • OracleがオープンソースのFn Projectを公開、サーバレス競争に参戦

    Oracleは新たにFnをリリースした。対象とするクラウドを選ばない、オープンソースのサーバレスプラットフォームだ。‘あらゆるプログラミング言語’をサポートするが、ローンチ時点ではJava機能一般とJUnitテストフレームワークを対象とする。 FnはFn Server、Fn FDK、Fn Flow、Fn Load Balancerという、4つの主要コンポーネントで構成される。FnServerはGoで記述されており、コードを実行するプラットフォームという位置付けだ。

  • Oracle、Java EEの移管先にEclipse Foundationを選ぶ

    OracleはJava EEの移管先にEclipse Foundationを選んだことを発表した。今回の移管は、Red HatとIBMほか、コミュニティから歓迎されている。移管後も名前が現在のJava EEのままなのかは不明だ。

  • Javaコミュニティプロセスがリリースサイクルの発表に反応した

    オラクルのJavaリリースサイクルの発表に対するJavaコミュニティプロセスの反応は全体的に比較的ポジティブなように思える。リードするメンバーの何人かが発表に対する彼らの見方を伝えている。

  • Javaのリリースは6ヶ月ごととなる

    オラクルは現行の2年ごとのモデルよりも、Javaのリリースを6ヶ月ごとに変更することを計画している。またOpenJDKを開発者のための最上位のJDKとすることとOracleJDKをサポートのみ提供とすることを発表した。

  • オラクルがJava EEのオープンソースファウンデーションへの移行を計画している

    オラクルはJava EEプラットフォームの進行中の開発とその主導権をオープンソースファウンデーションへ移行する計画をしている。移行は次のリリースであるJava EE 8のあと、この夏となる。

  • OracleがRustで書かれたコンテナランタイムを含むオープンソースのコンテナユーティリティをリリース

    Oracleは3つのオープンソースのコンテナユーティリティを発表した。Smithは、Open Container Initiative (OCI)のイメージに準拠したイメージビルダであり、単一の実行可能ファイルと依存物で構成される"マイクロコンテナ"を作成する。Crashcartはマイクロコンテナのデバッグツールで、Linuxバイナリのイメージを既存のコンテナにサイドロードできる。RailcarはRustベースのコンテナランタイムでOCIランタイム仕様を実装している。

BT