BT

InfoQ ホームページ Product Management に関するすべてのコンテンツ

  • Portfolio for Jiraのロードマップ作り

    プロダクトバックログがフィーチャーリストではなく課題の優先順位リストになっていると、変化に対応しやすくなる。フィーチャーを届けることを早いうちから約束する必要はなく、新しい技術が利用可能になれば、それを使うことができる。ロードマップを見える化し、定期的に新しい情報を取り込み、それを用いてロードマップを評価することは、アジャイルであり続けるのに役に立つ。

  • プロジェクトではなく、プロダクトで思考せよ

    Organizations structured around products oversee their work end-to-end. Reversing Conway’s law to establish long-lived teams around the products brings stability and makes it プロダクトを中心に構築された組織は、エンドツーエンドで作業を監視する。Conwayの法則を逆転して、プロダクトに基づいた長期的なチームを確立することにより、組織が安定すると同時に、作業の管理と優先順序付けが容易になる。レトロスペクティブはプロダクト管理の強力なツールだ。継続への自信を与え、組織に対するリスクや損失の可能性のあるものを素早く見つけ出せるようにしてくれる。

  • Agile StalwartのDavid Hussman氏が8月18日に逝去

    プロダクト開発のエキスパートであり、アジャイル(”小文字の方の”)実践者であり、コミュニティ構築者、そして熱烈な支持者であるDavid Hussman(”The Dude”)氏が2018年8月18日に逝去した。Hussman氏はDevJamの創設者で、プロダクトアイデアの価値を簡潔に表現したDude’s Lawの考案者として名高い。彼はその死を惜しまれるミュージシャン、父、起業家、そしてコミュニティ構築者であった。

  • 新しいCIO像 - IT推進役としてのMark Schwartz氏の提案

    米国市民権移民局の元CIOで、現在はAWSのエンタープライズストラテジストであるMark Schwartz氏が、ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitで、ITをリードすることの意味について講演した。

  • プロジェクトからプロダクトへの移行に伴う課題

    Nationwide Insuranceの元DevOpsテクノロジディレクタであるCarmen DeArdo氏と、Tasktop製品管理担当副社長のNicole Bryan氏が、先日のDevOps Enterprise Summit Londonで、プロジェクトベースからプロダクトベースの組織に移行することの重要性について講演した。

  • すぐれたプロダクト人の3つの習慣

    プロダクト領域でのアジャイル実践者であり、書籍 "Stand Back and Deliver: Accelerating Business Agility" の共著者である Kent McDonald 氏は先日 Scrum Alliance でウェビナーを開催し、リモート環境でプロダクトオーナーシップを執る際にうまくやるためのテクニックについて話し、それを「すぐれたプロダクト人の3つの習慣」と表現した。

  • The Phoenix Project後の世界をJohn Willis氏とGene Kim氏が語る

    IT Revolutionは、約8時間に及ぶオーディオブックを発表した。これは、Beyond the Phoenix Project; the Origins and Evolution of DevOpsという名前で、Gene Kim氏とJohn Willis氏の対話だ。

  • プロダクトベースおよびプロジェクトベースの資金調達を比較する

    プロダクトベースおよびプロジェクトベースの資金調達に関する、ThoughtWorksのSrian Narayan氏、"Lean UX"の著者であるJeff Gothelf氏、Leon Tranter氏の最近の考察を検証する。

  • リーンスタートアップのスケーリング: プロセスの原則

    大組織はリーンスタートアップのようになろうとするが、アジャイルな組織となるためには、いかにスタッフを雇い、彼らにインセンティブを与え、マネージするかを考え直す必要がある。組織はチームに対して、即座に学習して低リスクの決定を下すことに対して報奨を与え、デリバリーに加えて学習の価値を高めるべきだ。

  • Lean Pilotによる改善推進

    リーン、アジャイル、リーンスタートアップは、改善を進める上でお互いを強化することができる。データ駆動型改善フレームワークであるLean Pilotsは、部門間の協力を阻害する主要な組織的障害の排除を目的として、組織内の継続的改善の推進に使用される。

  • Spotifyでの大規模な実験

    A/Bテストの試行回数を増やして同時に多数の実験をしたい場合、自分���ちのプロセスとプラットフォームに適応する必要があり、これは、文化にも影響を及ぼす可能性がある。制御された実験でプロダクトの研究をすることで実際に顧客がどのようにプロダクトを使っているかについてのアイディアをぶつけ、これらのアイディアがユーザーの振る舞いに影響を与えるかどうかをチェックできる。

  • 大規模な組織にアジャイルを導入するには

    GlobalLogicでデリバリマネージャを務めるYuriy Koziy氏がAgile Eastern Europe 2016カンファレンスで講演し,組織の変革は上層部からではなく,チームのレベルから始めるべきだと主張した。氏は同じような考えを持つ技術マネージャとアジャイルコーチを集めて,変革のエージェントとして活動するグループを結成し,自らの組織を内部から転換したのだ。

  • Booking.comのA/Bテスト

    私たちは、製品開発の推進に顧客感情を欲する。実験によって証明された仮説は、顧客の感情を発見するのがベストである。booking.comの主任設計者Stuart Frisby氏は、アムステルダムのOSCONに参加しA/Bテストの広範囲の利用を主張した。Frisby氏は、A/Bテストを正しく実施するために避けるための一般的なミスを説明した。

  • AXA Digital Agencyのイノベーション

    AXA Digital Agencyは,AXAのディジタル移行をサポートするために,デザイン思考やMVP(Minimum Viable Product, 実用最小限の製品)デプロイメント,グロースハック(Growth Hacking)といった,リーンスタートアップのアプローチを展開している。この記事ではYves Caseau氏とのインタビューから,イノベーションの重要性,リーンスタートアップアプローチの採用,MVPとグロースハックの利用から学んだこと,イノベーションを目指す上でのアドバイスを紹介する。

  • ビジネス価値を提供する

    フィーチャーのビジネス価値を見積もるのはたやすいことではない。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。