BT

InfoQ ホームページ Scaling Agile に関するすべてのコンテンツ

  • Nexus Guideがアップデート、統合性と透明性を重視

    メジャーアップデートされたNexus Guideのおもな変更点は、Nexus Integrationチームの役割の明確化、スケールアップ時の透明性に関する説明、2017年版Scrum Guideへの適合などだ。Nexus Guideは、組織がスクラムをスケールアップする際に利用するフレームワークである。

  • KPN iTVのアジャイル変革

    マネジメントチームは部隊の業務を直接指揮するチームではなく、作業環境を作り上げるリーダシップチームになった。自律的な部隊が自己選択によって構築されることにより、業務はもはやプロジェクトとして組織されるものではなくなり、永続的な自律型チームへと移行した - KPN iTVのアジャイル変革で実現されたおもな変化をあげるならば、このようになるだろう。

  • LEGOでのアジャイル

    Agileは10年以上LEGOの一部になっているが、未だに、デジタルとIT以外の領域で種をまき、応用分野を見つけている。同社の中心となる価値観は遊びと学習であり、これは、アジャイルの反復、実験、振り返りといった原則と相性が良い。

  • Scrum AllianceがState of Scrum 2017年版を公開

    スクラムはITやソフト開発以外でも盛んに利用されるようになった。多くの企業がアジャイルにミックス・アンド・マッチのアプローチを採用するようになったことにより、単一のイニシアティブに集中するスクラムマスタは少数派となり、共有的な役割へと発展しつつある — Scrum Allianceの発行した調査報告書“2017 State of Scrum”には、このように記されている。

  • フィンランド国営放送Yleにおけるリーンとアジャイルカルチャー

    リーンとアジャイルをスケールすることはフレームワークの問題ではない -  価値、原則、そしてマインドセットの問題なのである。Yle の会社経営層は、実験を行うこと、学習して実施することにより、アジャイルトランスフォーメーションに深く関わってきた;フレームワークを実装したことによるのではない。マジックは、あらゆるレベルにいるチームの人々と一緒に作業することで起きる。

  • Agile 2016: Lee Cunningham氏が大規模アジャイルとVersionOneについて語る

    先日のAgile 2016カンファレンスで,VersionOneのエンタープライズアジャイル戦略シニアディレクタであるLee Cunningham氏がInfoQの質問に答えて,アジャイルのスケーリング,ITを越えたアジャイルの拡張,価値の認識,VersionOneプラットフォームの方向性などについて話してくれた。

  • Barclayがアジャイル移行で得たもの

    スループットの向上,コードの複雑性の低減,運用時の障害減少,デプロイメントサイクルの短縮,チームの幸福度向上 — これらはみな,Barclaysがアジャイル移行で実現したメリットだ。ディシプリンド・アジャイルに基づいて実施された同社の移行は,最初の1年間で800以上のチームにアジャイルを採用するという,アジャイルの実践例として最大級のものである。

  • Johanna Rothman氏 – アジャイルプロジェクトからプログラムへの拡張

    OnAgile 2016でのプレゼンテーションにて、Johanna Rothman氏は、既に組織にある非公式なコミュニケーションから作られる小規模な検討が、大きなプログラム運営への拡大に有効であると述べた。Rothman氏は、計画や設計、進捗測定のアドバイスを提供した。

  • 新技術を使用したプリンタを開発するためにスクラムをスケールさせる

    新しい印刷技術に基づいて高速プリンタを開発するとき、ものごとはどんどん変化する。多くの規律が存在する大規模プロジェクトを管理するための効果的で柔軟なソリューションが必要である。Océ Printing Systemsはスクラムをカスタマイズして協調作業を可能とし、進捗を見える化するためにスクラムをスケールさせることを決めた。

  • アジリティの成長(growing)

    Andrea Tomasini氏がAgile Eastern Europe 2016 Conferenceで,“Stop Scaling, Start Growing an Agile Organization”と題した基調講演を行なう。アジリティの成長(growing)とは何か,氏に聞いた。

  • 21世紀型のリーダーシップ: アジャイルでの挑戦

    この記事は21世紀型のリーダーシップについての連載の最初の記事だ。今回はINGのHendrik Pothof氏とAxis into ManagementのMichael Bres氏のアジャイルの環境でのリーダーシップチャレンジについての話を取り上げる。

  • チームレベルのパフォーマンス最適化をすべきでない理由とは

    Klaus Leopold氏がGOTO Berlin 2015カンファレンスでの講演で,チームレベルのパフォーマンスの重視が多くの場合,局所的な部分最適化を引き起こし,結果としてチーム全体のアジリティが向上しない理由について,詳しく説明した。InfoQは氏にインタビューして,なぜアジャイルフレームワーク導入がアジリティ向上に結び付かないのか,コラボレーション向上にかんばんをどのように利用すればよいのか,チームがかんばんに期待できるメリットは何か,などを聞いた。

  • 設計書を使わないスケーリングとアジャイルスケーリングサイクル

    InfoQはStefan Roock氏にスクラムとXPの併用という話題でインタビューし,アジャイルフレームワークを組織設計の計画図として使用することが時期尚早な最適化であり,プラクティスよりも文化が原則が重要であるという,氏の意見について詳しく聞いた。インタビューの中で氏は,アジャイルスケーリングサイクル(Agile Scaling Cycle)について,その利用の方法を例をあげて説明するとともに,アジャイルのスケーリング手段として用いた場合のメリットと落とし穴について話してくれた。

  • アジリティにおける自律性の意義

    自律性(autonomy)はSpotifyの中核的な基本理念のひとつだ。現場に可能な限り近い場所で,社員による意思決定が可能になる。同社のKristian Lindwall氏とCliff Hazell氏がAgile Greece Summit 2015で,自律性がアジリティの中心である理由を説明した。

  • Vodafone Turkeyにおける大規模アジャイル導入事例

    Agile Greece Summit 2015で,Erhan Köseoğlu氏が,Vodefone Turkeyでのアジャイルスケーリングに関するケーススタディのプレゼンテーションを行った。InfoQは氏にインタビューして,Vodafoneがアジャイル導入を決定した理由,抵抗のある状況への対処方法,アジャイル転向とユーザとの関係,Cレベル幹部へのアドバイスなどを聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。