BT
前の記事 rss
人のフォロワー

Nexus Guideがアップデート、統合性と透明性を重視

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月13日 午前1時4分

メジャーアップデートされたNexus Guideのおもな変更点は、Nexus Integrationチームの役割の明確化、スケールアップ時の透明性に関する説明、2017年版Scrum Guideへの適合などだ。Nexus Guideは、組織がスクラムをスケールアップする際に利用するフレームワークである。

人のフォロワー

KPN iTVのアジャイル変革

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月4日 午前1時45分

マネジメントチームは部隊の業務を直接指揮するチームではなく、作業環境を作り上げるリーダシップチームになった。自律的な部隊が自己選択によって構築されることにより、業務はもはやプロジェクトとして組織されるものではなくなり、永続的な自律型チームへと移行した - KPN iTVのアジャイル変革で実現されたおもな変化をあげるならば、このようになるだろう。

人のフォロワー

2017-2018 State of Scrumレポート公開

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月26日 午後9時47分

経営者にとって、最優先事項は価値の提供だ。企業がアジャイルを導入すれば、顧客満足度が最も重要な改善指標となる。硬直的な慣習や指揮統制型リーダシップに縛られた企業では現代社会の競争を生き残れない、という必然性が、企業をアジャイル変革へと駆り立てている。スクラムを採用する先進的企業では、企業や文化のニーズに対応する方法でスクラムを使用している。

人のフォロワー

アジャイルを用いてソーラーレースに勝利する方法

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 高橋 洸 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年2月26日 午前3時36分

Nuon Solar チームはアジャイルとスクラムを使用することで、プロジェクトに最大の価値を与えるための第一のステップを明らかにし、異なる規律の統合、透過性と集中の確保を行い、改善にのための振り返りに取り組んでいる。彼らのゴールはクリーンエネルギーの使用の促進と教育であり、ミッションはイノベーションの力を利用して南アフリカで行われる Sasol Solar Challenge に勝利することである。

人のフォロワー

アジャイルの導入方法を改善する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月19日 午前2時5分

アジャイル導入にはアジャイルのアプローチを採用するべきであって、ウォーターフォール的な方法でアジャイルを導入するべきではない、チームの活性化を望むリーダと、それをサポートする組織の構築が必要だ。さらには業界として、アジリティの段階的な展開の実績を積む必要がある。

人のフォロワー

オランダ鉄道はいかにしてアジャイルとリーンを導入したか

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月14日 午前1時47分

アジャイルとリーンの哲学による考え方は極めて近い - リーンはアジャイルを強化するものであって、逆もまた然りだ。アジャイルプラクティスが複雑なプロダクトの開発に最適な一方で、リーンプラクティスはプロセスの無駄を削減する機会を教えてくれる。リーンがプロジェクトの開始からデリバリまで、成果を顧客視点で見る上で有効であるのに対して、アジャイルは最適な価値の提供をサポートする。

人のフォロワー

Scrum Studioによるアジャイル原則の運用と組織の自立性向上

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年1月10日 午前12時23分

Scrum Studioを導入し、アジャイル原則に基づいた変革アプローチを用いたことによって、オランダの年金資産運用会社は、構造的なコスト低減と反応性の向上を実現した。変革チームは、あるべき姿の特性を備えた透過的かつ反復的な変革を適応することによって、自らの主張を実践してみせた。人々が自立性を持つ文化を確立したのだ。

人のフォロワー

Ken Schwaber、Jeff Sutherland両氏に聞く - スクラムガイドのアップデートについて

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年12月27日 午後9時47分

スクラムガイドが更新された。スクラムのあり方がより反映されるとともに、スクラムに対する誤解が解消されている。スクラムはソフトウェア製品開発に使用できるだけでなく、ソフトウェア以外のさまざまな領域にも適用が可能だ。スクラムは経験主義に基づく継続的改善のためのフレームワークである。各スプリント単位、あるいはさらに高い頻度で出荷可能な製品を用意することが、スクラムの重要な要素だ。

人のフォロワー

チーム作りのための自己選択

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年11月27日 午前2時4分

ある企業で、人々を再分散させるために自己選択が行なわれた。開発者にとっては戦略的意志決定に関わり、ビジネスのニーズを理解する機会になった。自己選択をさせることで、人々に難しくて情報に基づく意志決定をする力を与え、彼らのモチベーションは向上し、意志決定の大変さが気にならなくなる、ということを学んだ。

人のフォロワー

働き方の将来 - Agile People Sweden 午前セッションから

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 高橋 洸 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年10月30日 午前2時58分

15回目の Agile People Sweden Conference がストックホルムにて 10月23日、24日に開催された。 2017 年のカンファレンステーマは、働き方の将来 - ワークライフを改善するためのスケールするアジャイル、である。月曜午前のセッションはアジリティスケール、ソシオクラシーによるエンタープライズワイドアジリティ、そして自己組織化に関するものだった。

人のフォロワー

自己組織化の実験

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年10月30日 午前2時29分

自己組織化するチームは効率的でより幸せだ。全ての人が自己組織化するチームに馴染む訳ではない。言われたことをやり、自分の仕事をすることに慣れている。自己組織化するチームを実現するには意図を元にしたリーダーシップ、ソシオクラシー、ホロクラシーのようなモダンなリーダーシップのアプローチが必要だ。

人のフォロワー

スクラムマスターの給与レポートを公開

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年10月22日 午後9時5分

Age of ProductのStefan Wolpers氏とSumit Mehta氏がスクラムマスターの給与レポートを公開した。13ヵ国に渡り、500人のスクラムマスターからの回答をまとめている。調査の目的は共通のキャリアパターンと財務報酬を明らかにすることである。

人のフォロワー

クラウドソーシングテストを管理する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年8月18日 午前1時14分

クラウドソーシングテスト(Crowdsourced Testing)とは、クラウド — 実在のユーザとテスタ — が現実の条件下でテストに参加するという、ユニークなテスト手法だ。Swisscomにおいてそれは、開発プロセスの早い段階での欠陥発見と製品の品質向上に役立っている。

人のフォロワー

Scrum AllianceがState of Scrum 2017年版を公開

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年8月16日 午後10時26分

スクラムはITやソフト開発以外でも盛んに利用されるようになった。多くの企業がアジャイルにミックス・アンド・マッチのアプローチを採用するようになったことにより、単一のイニシアティブに集中するスクラムマスタは少数派となり、共有的な役割へと発展しつつある — Scrum Allianceの発行した調査報告書“2017 State of Scrum”には、このように記されている。

人のフォロワー

AtlassianがTeam Health MonitorとTeam Playbook Blueprintの提供を開始

作者: Steffen Opel フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年5月26日 午前4時48分

Summit 2016でTeam Health Monitorsのツール非依存バージョンを紹介したAtlassianが、先日リリースしたConfluence Server 6.1に、新たにTeam Playbookブループリントをバンドルした。Health Monitorワークショップは、形式張らない(low-ceremony)“プレイ(play)”の実施を通じて、問題点の指摘と弱点に対処する計画を策定することを目的とした、“チーム全体の状態を改善する”ためのチームの自己診断だ。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT