BT

InfoQ ホームページ Scrum に関するすべてのコンテンツ

  • データサイエンスチームにアジャイルを導入する

    アジャイルはデータサイエンスチームの、ステークホルダとのコラボレーション改善と生産性向上に寄与する。優先順位が明確になることで、作業への集中と成果の提供が可能になるのだ。実践する上で重要なのは、アジャイルの旅に同行することによって、データサイエンスチームの賛同を得ることである。

  • 移譲でチームをスーパーチャージする方法: QCon London Q&A

    作業を移譲すると、作業をより適切かつ迅速に行うことができる。チームの自律性を高め、学習の機会を生み出す。移譲は自分でタスクを実行することから始まり、他の誰かにそのタスクを引き受けさせることで終了する連続体だ。Brandwatchのエンジニアリング担当副社長であるJames Stanier氏は、QCon London 2020で自己組織化チームに移譲することについて話した。

  • "プロダクトオーナ”は最悪の発想だ

    プロダクトオーナという役割の是非に、チームの成熟度、組織の成熟度、組織のタイプ、組織の複雑度、さらにはプロダクトオーナ自身など、多くの要素が関係していることは疑う余地がない。一方で一部の思想的リーダは、特にこのVUCA(不安定性、不確実性、複雑性、不明確性)時代において、その役割の機能には疑いの目を向けている。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリストの役割

    アジャイルな組織においても、ビジネスアナリストにはその役割がある — プロダクトオーナになることも、チームに参加することも、あるいはプロダクトの枠を越えてプロダクトオーナやチームとコラボレーションすることも可能なのだ。フレームワークが代わろうとも、BAの役割には非常に大きな価値があるのだから、自分のスキルに自信を持つことが重要だ。

  • 継続的な組織改革によって企業の急成長に対応する

    急速に成長する企業には、さまざまな規模のさまざまな構造が必要になる。構造、プロセス、役割を繰り返すことで、企業の成長に伴って企業自身を改革し続けなければならない。企業の変革を成功させるには、継続的な学習が不可欠であると同時に、高いレベルの企業規模のアジリティが必要である。

  • サーバントリーダの孤立を避けるには

    チームの成功を祝う時、サーバントリーダ(servant leader、奉仕型リーダ)の果たした役割に対する認識あるいは理解のないことが少なくない。彼らの活動が資料に残っていなかったり、他のメンバから見えなかったりする場合があるからだ。このような孤独な状況を避けるには、サーバントリーダをサポートするネットワークを構築して、自分たちの行動を共有し、成功を称え合い、その方法についてブログを書き、自分たちの成果をマネジメントに対してアピールする、という方法がある。

  • 自己組織化チームにおける協調的意思決定

    自己組織化チームにおいて、メンバが持つすべてのポテンシャルを発揮する機会を与えることは、今日の企業が成功を収める上で最良の方法だ、とLorenzo Massacci氏は主張する。Agile Business Day 2019で、氏は、自らを組織化するチームが継続的かつ効率的な意思決定を可能にする方法について講演した。

  • パイロットプロジェクトを世界規模のIT組織に拡張するには

    パイロットプロイジェクトを世界規模のIT組織に拡張することは可能だ、正しく行えば十分に機能して、企業全体のトランスフォーメーションに寄与するものになる、とClemens Utsching氏は言う。DevOpsCon Munich 2019で氏は、アイデアから始まったものを世界的組織にスケールアップする方法について講演した。

  • すべての機能ブランチをデプロイして迅速なプロダクトフィードバックを得る

    継続的デリバリの限界を押し広げれば、ソフトウェア開発における人々のコラボレーションの方法を根本的に変えることができる。Christian Uhl氏はDevOpsCon Munich 2019で、GitLabとKubernetesを使用してすべての機能ブランチをデプロイすることにより、プロダクトオーナとステークホルダからのフィードバックを迅速に得る方法について講演した。

  • 自律性と説明責任 - Randy Shoup氏の講演”Moving Fast at Scale”より

    WeWorkエンジニアリング担当副社長のRandy Shoup氏はCraftCon 2019で、"Moving Fast at Scale"と題して講演し、イノ��ーション、ビジネス価値、品質、あるいはチームの自律性といったものを犠牲にすることなく、大規模かつ迅速なチームを作り上げた氏の方法を論じた。

  • DOES London - チームトポロジと認知負荷

    今年ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitでは、組織設計のための実用的と適応性を備えたモデルの提供を目的として、近く出版予定の"Team Topologies"の著者であるMatthew Skelton氏とManuel Pais氏が登壇して、自身の考えを公開した。

  • 第14回 State of Agile Report が公開

    第14回 State of Agile Report が公開され、ソフトウェアプロフェッショナルはオンライン調査への参加を勧められている。

  • 自己組織は直感的であるのになぜ採用が難しいのか

    自己組織は難しい。達成するために何が求められているかを理解し、成功は目に見える形で示されなければならない、とAccentureのマネージングディレクタである Micro Hering 氏は言う。彼は自己組織化のために境界を作ること、チームのコンテキストを強化するためにどれくらいうまくやれているのかを示すことを提案した。

  • Tuckmanは間違っている!Doc Norton氏のリチーミングモデル

    Agile India 2019で、Doc Norton氏は、Tuckmanチームフォーメーションモデルが機能しない理由について講演し、現在のアジャイルチームにより適合する、新たなリチーミング(reteaming)モデルについて説明した。リチーミングモデルは組織の改革と学習を促進する、と説明するNorton氏は、チームのパフォーマンス向上につながる4つの基準として、自主性(Autonomy)、つながり(Connection)、卓越性(Excellence),多様性(Diversity)の4つを挙げた。

  • アジャイルな見積もりのためのウェブベースのモンテカルロシミュレーション

    モンテカルロシミュレーションを利用した、プロジェクト見積もりを計算するウェブベースのツールが最近公開された。アジャイルチームがそれを使って、過度に甘い見積もりではなく、現実的な成果にフォーカスしつつ、スクラムマスターとプロダクトオーナーの会話を円滑に進められればという願いが込められている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。