BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Scrum に関するすべてのコンテンツ

  • デザインスプリントとUXワークショップを仮想空間で行う

    デザインスプリント(Design Sprint)とUXワークショップは、リモートホワイトボードとコミュニケーションプラットフォームを組み合わせて使えば、仮想空間で行うことが可能になる。この方法には、国境を越えた専門家を迎えられる、リモートの参加者を募ることができる、移動を少なくできる、カーボンフットプリントを縮小できる、コストを抑えられる、といったメリットがある。

  • Manuel Pais氏のCOVID-19の中のTeam Topologies

    Team Topologiesの共著者であるManuel Paisは、先頃、トポロジを使用して階層構造から権限を与えられたチームに移行したCapra Consultingのリーダと話をした。ジャーニーについてレポートし、COVID-19のコンテキストでTeam TopologiesについてPais氏に話を聞いた。

  • Coinbaseが構築した”運用環境への道” - QCon Plus Q&Aより

    Coinbaseでは、エンジニアと顧客の数が増えるに従って、より多くのプロジェクト、早いイテレーション、増え続けるインフラストラクチャに対する多くのコントロールを必要とするようになった。開発者が何をしているかを見て、それを支援するための社内デプロイメントツールを開発していく過程において、同社は、セルフサービスの文化を構築したのだった。

  • アジャイルリーダの特徴

    アジャイルリーダはアジャイルプラクティスに対して情熱を持っている。メンバに信頼を教授し、透明性を創出し、建設的な批判をオープンに受け入れることで、大きな成果を上げることを目指すのがアジャイルリーダだ。彼らが重視するのはビジョンと顧客である。アジャイルの意味するところを理解し、メンバに自律性を与えて自身はサポートに回り、学びと実験を通じて彼らの発展と成長を促すのだ。

  • 品質の造り込みのためのアジャイル的アプローチ

    品質の造り込み(Built-in Quality)はアジャイルの重要な柱のひとつだ。しかしながら、これを大規模に実践するには、開発ライフサイクル全体を見る必要がある。組織のさまざまな層で、品質意識を向上させることが必要だ。アジャイルコーチは、アジャイル的作業方法を活用し、品質思考を推進することによって、これを支援することができる。

  • データサイエンスチームにアジャイルを導入する

    アジャイルはデータサイエンスチームの、ステークホルダとのコラボレーション改善と生産性向上に寄与する。優先順位が明確になることで、作業への集中と成果の提供が可能になるのだ。実践する上で重要なのは、アジャイルの旅に同行することによって、データサイエンスチームの賛同を得ることである。

  • 移譲でチームをスーパーチャージする方法: QCon London Q&A

    作業を移譲すると、作業をより適切かつ迅速に行うことができる。チームの自律性を高め、学習の機会を生み出す。移譲は自分でタスクを実行することから始まり、他の誰かにそのタスクを引き受けさせることで終了する連続体だ。Brandwatchのエンジニアリング担当副社長であるJames Stanier氏は、QCon London 2020で自己組織化チームに移譲することについて話した。

  • "プロダクトオーナ”は最悪の発想だ

    プロダクトオーナという役割の是非に、チームの成熟度、組織の成熟度、組織のタイプ、組織の複雑度、さらにはプロダクトオーナ自身など、多くの要素が関係していることは疑う余地がない。一方で一部の思想的リーダは、特にこのVUCA(不安定性、不確実性、複雑性、不明確性)時代において、その役割の機能には疑いの目を向けている。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリストの役割

    アジャイルな組織においても、ビジネスアナリストにはその役割がある — プロダクトオーナになることも、チームに参加することも、あるいはプロダクトの枠を越えてプロダクトオーナやチームとコラボレーションすることも可能なのだ。フレームワークが代わろうとも、BAの役割には非常に大きな価値があるのだから、自分のスキルに自信を持つことが重要だ。

  • 継続的な組織改革によって企業の急成長に対応する

    急速に成長する企業には、さまざまな規模のさまざまな構造が必要になる。構造、プロセス、役割を繰り返すことで、企業の成長に伴って企業自身を改革し続けなければならない。企業の変革を成功させるには、継続的な学習が不可欠であると同時に、高いレベルの企業規模のアジリティが必要である。

  • サーバントリーダの孤立を避けるには

    チームの成功を祝う時、サーバントリーダ(servant leader、奉仕型リーダ)の果たした役割に対する認識あるいは理解のないことが少なくない。彼らの活動が資料に残っていなかったり、他のメンバから見えなかったりする場合があるからだ。このような孤独な状況を避けるには、サーバントリーダをサポートするネットワークを構築して、自分たちの行動を共有し、成功を称え合い、その方法についてブログを書き、自分たちの成果をマネジメントに対してアピールする、という方法がある。

  • 自己組織化チームにおける協調的意思決定

    自己組織化チームにおいて、メンバが持つすべてのポテンシャルを発揮する機会を与えることは、今日の企業が成功を収める上で最良の方法だ、とLorenzo Massacci氏は主張する。Agile Business Day 2019で、氏は、自らを組織化するチームが継続的かつ効率的な意思決定を可能にする方法について講演した。

  • パイロットプロジェクトを世界規模のIT組織に拡張するには

    パイロットプロイジェクトを世界規模のIT組織に拡張することは可能だ、正しく行えば十分に機能して、企業全体のトランスフォーメーションに寄与するものになる、とClemens Utsching氏は言う。DevOpsCon Munich 2019で氏は、アイデアから始まったものを世界的組織にスケールアップする方法について講演した。

  • すべての機能ブランチをデプロイして迅速なプロダクトフィードバックを得る

    継続的デリバリの限界を押し広げれば、ソフトウェア開発における人々のコラボレーションの方法を根本的に変えることができる。Christian Uhl氏はDevOpsCon Munich 2019で、GitLabとKubernetesを使用してすべての機能ブランチをデプロイすることにより、プロダクトオーナとステークホルダからのフィードバックを迅速に得る方法について講演した。

  • 自律性と説明責任 - Randy Shoup氏の講演”Moving Fast at Scale”より

    WeWorkエンジニアリング担当副社長のRandy Shoup氏はCraftCon 2019で、"Moving Fast at Scale"と題して講演し、イノベーション、ビジネス価値、品質、あるいはチームの自律性といったものを犠牲にすることなく、大規模かつ迅速なチームを作り上げた氏の方法を論じた。

BT